2017年5月29日月曜日

たまにはちゃんと伝えたい!家族への感謝の思い


「もっと親孝行したかった」とは、お礼状の取材でもよく聞かれる言葉です。
思っていてもなかなか行動に移せないという方も、たくさんいらっしゃるはずです。
そして私たちマコセスタッフが仕事に専念できるのは、家族の支えがあってこそ。
だからこそ、感謝の気持ちを伝える機会を作って欲しいということで
5月の母の日・6月の父の日があるこの時期に、五十嵐社長が「親孝行手当・家族に感謝手当」と
して昨年より社員1人につき1万円ずつ支給してくださるようになりました。
このありがたいチャンスを頂き、社内ではどのようなに活用しようかと
スタッフそれぞれが考えを巡らせているところです。














そんな中で、私I堂はさっそく母と祖母への感謝を込めて
母の日の会食を行いました。
食卓を彩ったのは、まどかのお寿司。
自宅に祖父母を招いて、食事会と相成りました。












話題の中心は、母そして伯父たちの子供時代の話です。
祖父母が暮らす地域は、戦時中は飛行場だった場所で
復員した人などが少しずつ戻ってきて、住宅地として
栄えていったそうです。
母や伯父たちの子供時代になると随分人口も増え
街にも活気があったとか。そこから少しずつ少子化が進み
現在は年配の方が多数を占めます。
祖父は御年88歳ですが「そろそろ地区の班長が回ってくる」と言い
地域の仕事も当たり前のようにこなしています。
その隣で祖母は、祖父の話に耳をかたむけつつ
寿司に舌鼓を打ち、かたわらに座る妹に関係のない話を振っていました。
そんなゴーイングマイウエイなところが、私は大好きです。













食事の後は関東関西で暮らすひ孫達の近況を、従姉妹のブログでチェック。
写真越しに可愛い姿を見ながら「小学校に入学したのね」
「こんなに大きくなって」と、二人して釘づけになっていました。
ちなみに祖父は何故かインターネット=怖いという先入観を持っているのですが
「この間、テレビでサイバーなんとかって言っていたけどこのパソコンは
大丈夫なのか?」としきりに心配していました。
とりあえず「いまブログを閲覧できているから、多分大丈夫だよ」とだけ答えておきました。













そして後日、祖父母の家に行き、ずっと気がかりだった玄関の踏み台を設置。
祖母も84歳になり、段差のある場所は少し不安が出てきたため
ニトリで調達した踏み台を置きました。
購入前は「いらないから」と言っていた祖母ですが、実際置いてみると
なかなか快適だったようで、ご満悦の様子。
喜んでくれる姿を見て、私たちもうれしくなりました。

この仕事をするようになり、さらに自分自身も歳をかさね
祖父母の昔話やどうやって家族を支えてきたかということを
ちゃんと聞いておきたいなと思うようになりました。
この機会をきっかけに、一緒に過ごす時間をもっと積極的にとっていこうと思います。
社長、ありがとうございました!

2017年5月26日金曜日

グアム班、無事に日本に帰ってまいりましたー!

夜中に到着したときは、
あまりの蒸し暑さに
耐えられるだろうかと身構えましたが
ホテルの中、お店の中はとっても快適!でした!!

青い海と空は眩しすぎてとけそうでした!!

詳しい旅の様子はこれから順次ブログにて報告させていただきます。
夢みたいな時間を私たちにくださった社長、寛子さん、そして本社の皆さん!!本当にありがとうございました!!

ではまた後程…
「中村、サンダルに苦戦する」
「東郷、時計を買う」
「中尾、井尻の予言通り爆買する」
の三本でお送りしまーす!
うふふふふふ~





2017年5月25日木曜日

色々なものに触れる…

先日、映画をみてきました。
「帝一の國」

今時の爽やかなイケメンばかりが勢揃い…
眩しすぎて終始スクリーンを直視することができなかったくらいです

なんとも美しい映画でした
まだまだ余韻にひたっております


思えば昔から小説や(ほとんど読まなかったのですが)
テレビドラマ、映画などを一度みると はまりやすいというか
すぐにその世界にのめりこんでしまっていたように思います…

感受性が豊かといえば聞こえがいいのかもしれませんが
ひそかに「現実逃避癖」があるのかもしれません

大人になっていっそう感じるようになりました

母と子の感動のドラマをみて 涙したり
動物のたくましい成長を描いた映画に心をうたれたり

自分の感情を刺激することによって
礼状づくりにもいかせるのでは?と
最近では自分の「現実逃避癖」も受け入れています

もっとたくさんの作品に触れて いろいろなことを学びたいと思います…

入社して 早1年がたちましたが まだまだ教わることばかりの毎日です
自分の礼状に何が足りないのか、どんなことを足すべきなのか模索する日々の中で
先輩方には本当に助けていただいております
自分がその立場になれるべく、よりいっそう頑張っていきたいと思います。。

2017年5月23日火曜日

グアム班、いってまいります!

マコセでこんなにも
海が似合わないメンバーが
他にいるだろうか?
いや、いない。(反語)

経理の東郷
サポートの中村
OPの井尻と中尾で
いかにマリンスポーツをせずグアムを楽しめるか?
こんな機会を与えてくださった社長、寛子さん、社員皆さん、本当にありがとうございますヽ(・∀・)ノ

まずは名古屋を散策してから…
いってまいりまーす!!



2017年5月22日月曜日

屋久島旅行 ~登山編~


2日目は、登山です!

普段、山とのふれあいなどほとんどない私たち…。
「屋久杉を見るには、泊りがけで、すごく大変らしい」
というおそろしい情報を得ていたので、
ガイドさんには「初心者コースで。」とお願いしました。

その結果、白谷雲水峡を登ることに(*^_^*)

白谷雲水峡は、「もののけ姫」の舞台のモデルとして有名です。

1日目は晴天に恵まれたので、
2日目も!!と期待したのですが
あいにくの雨模様…。

とはいえ、小雨。
「屋久島は年中梅雨」と言われるくらいなので
私たちの他にも、登山されている方はいっぱいいました。

みんな、レンタルしたカッパと登山靴を着用しています。

いよいよ、険しい道のりのはじまり!!
と思いきや、最初の方は舗装されていてすいすい。

ところどころ、ガイドさんの解説を聞きながら進みます。

だんだんと土の上を歩くようになり、
岩場も出てきて…。

沢をこえるところも。

そして、ここ!
ここが、一番もののけっぽいところです★

雨のおかげできらきらしたのが写り込んでいて、
いっそう綺麗に見えるかもしれません。

けれどやっぱり、目でみた景色が本当に美しかったです。
いろんな緑があって…。
水面はキラキラしていて。

濃ゆ~い緑の正体は、「こけ」。
何十種類?何百種類?もあるそうです。
マニアの方は、何時間もいられるのだとか…。

たしかに、素敵でした、こけ。

「くぐり杉」。くぐりました。

「シカの宿」。みんなでシカごっこ。

途中にあった大きな杉。

そして、ここが今回の最終到達地点「苔むす森」。

さすが初心者コースということで、みんな全然平気そう。
きれいな空気と緑に囲まれて、しばし癒やしのひとときです。

マコセの妖精がいます。わかるかな?

にっこり★

みんなでこだまごっこ。

さて、ここから、下山です。

帰り道の途中で、ランチタイム。
(諸事情によりお弁当はなく、スーパーで買ったパン)

コーヒーにこだわるガイドさん、
山中で美味しいコーヒーを淹れてくださいました(≧∇≦)

お腹もふくれたし、もうひとふんばりです!

てくてくてく…。

あっ!!!!!

足を滑らせてしまったKくん!大丈夫?
(やらせではありません。)

そんなこんなで、皆無事、帰ってまいりました★

宿に戻って、お風呂に浸かって、最後の晩餐。
写真右上の、トビウオとニラのさつまあげ?だったかな?
がとっても美味でした~~◎

慣れない山登りに不安もありましたが
自然に癒やされ、ちょっぴり運動不足も解消され
たくさん笑っていろんなことを教えてもらって、
最高の1日となりました!

写真を選びきれずに、長くなってしまいました。
お読みいただいた方、ありがとうございます。

改めて、この素晴らしい機会をくださった
社長、寛子さん、現場で頑張ってくださったマコセの皆様に
感謝 感謝です(>_<)!!!

たくさん癒やされてきたので、
新たな気持ちで、これからお仕事をしてゆきます!


N,U,K,M


おまけ。

50度のウイスキーをラッパ飲みするMさんと
それをとめる3人。

屋久島最後の夜は、酔いに任せて
文学から音楽、鹿児島のグルメ情報、はては政治経済まで…
様々な話題で語り明かして
最後はみんなグロッキー状態になったのでした★

(うそです。)


おわり♪

2017年5月21日日曜日

屋久島旅行 〜島内一周編〜

大自然で過ごした時間が名残惜しい今日この頃…
僕の味わった幸せを皆様にもご紹介させてください!!

旅の始まりはこの港から


DVD班の上原さん、営業の中尾さん、
OPの真茅さんと僕(梶原←写ってない)の四人での船出です

荒ぶる海を突き進み(晴天でした)、数多の苦難を乗り越え(晴天でした)
地上の楽園〝屋久島〟へ(言い過ぎかと思う人は是非行ってみて)やってきました〜

ガイドさんの車に乗り込む四人
島内一周といってもまずはどこに連れて行かれるのか…わくわく

さっきから後ろ姿しか写ってないぞ〜という方、お待たせしました



お土産屋さん「ぷかり堂」に到着〜
とんでもない数のお土産を買いました
それはそれはとんでもない数を…






続いて訪れたのはお茶屋さん
(名前を忘れました…すいません…)
屋久島の穴場スポットで美味しいソフトクリームを頂きました!






道中の橋の上から絶景を眺める






なんやかんやでやってきたのは一日目の目玉
sankara hotel&spa 屋久島


高級海外リゾート感たっぷり
(超有名人達がお忍びで来ているらしい)
僕の友達が働いているということで
お邪魔しました〜








こんな凄いところのランチは
さぞかし凄いのだろう(語彙力を磨け私)

①期待に胸を膨らませて

②朝食を抜きお腹を空かせて

③五感を研ぎ澄ませて

待つこと30分…









皆なんて優しい顔をしているんだ(驚)
一般人の僕には食の攻撃力が高すぎて…
(何を言っているのか僕もわかりません)

社長への感謝が爆発しました(笑)






ランチの後は島内一周に戻り
まずは千尋の滝へ
(せんぴろのたきって読むらしい)



左の山肌の美しさたるや、いとをかし(をかしの使い方あってるかな…)
晴天に恵まれ、緑ってこんなに種類があるのかと驚きました。



続いては大川の滝
(おおこのたきって読むらしい)

こちらは滝壺まで進むことができました!
屋久島の五月はすでに暑くて、
水しぶきがちょうど良かったですね〜
それにしても被写体の真茅さんが
素晴らしい…





あっ僕が滝壺に落とされようとしている!
○曜サスペンス劇場
「屋久島社員旅行○人事件
    〜DVD班の上原は見た〜」
という茶番を思いついた
僕はまだ二十代です…




その後は世界遺産の道である西部林道をドライブ!!
目の前には鹿、鹿、鹿、猿、鹿、猿…
(あとキジがいれば桃太郎だと馬鹿なことを言っていたのは僕です)


まだまだ続く島内一周(書くのに疲れてきたというのは秘密です)
ウミガメが産卵に来る「いなか浜」にもやってきました〜
しかし、ウミガメはいませんでした…



そしてなんやかんやで宿に到着〜「ロッジ八重岳山草」です!








本当に山の中です…虫がゲフンゲフン







最後は晩ご飯をみんなで食べる一枚
ご飯も美味しくて、
温泉も気持ち良くて、
自然も美しくて、
言うことなしでした!!




この後は次の日登山ということで、おとなしくウイスキー←を飲んで寝ました(笑)
こんなに楽しい旅をできたのも社長や寛子さんをはじめ、
僕たちがいない間に仕事を頑張ってくれた皆さんのおかげです!
長文を読んで頂きありがとうございました!
明日は登山編をお楽しみくださ〜い