2016年10月31日月曜日

育児休暇を終えて復帰しましたN園です。
時短勤務のため、皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。

料理や裁縫にさほど興味がなく、学びたいことやしたいことが山ほどあって
結婚だけが幸せじゃないとさえ思っていた私ですが、あれよあれよという間に
妻となり、母となってしまいました。

仲のよい友人たちは驚くばかりで、
「Nは結婚しないと思ってた」と言われたほどです。

独身の頃と変わったことといえば、
①毎日、料理と洗濯をする
②あれが欲しい、ここに行きたいという私自身の欲がどうでも良くなった
ぐらいでしょうか。

よく寝る娘と、言われるがまま家事を手伝ってくれる年下夫に支えられ
割と楽をしております。

そして今、私は子供を生んだ後も自分が頑張れる場所があることに、
本当に感謝しています。
「大変じゃない?」とたびたび聞かれるのですが、大変ではありません。
慌ただしい毎日なのは確かですが、私がN園さんの奥さんや、Aちゃんママではなく、
1人の女性として活躍出来る場があること、家族のために自分が一生懸命出来る
ことがあるのは、ただ喜びです。
結婚・出産を経てよりお礼状の仕事が好きになりました。
色々な方の人生にふれるたび「すごいなぁ。私ももっと頑張れるはず!」
と強く思います。

マコセの皆様、再び温かく迎えて頂き、ありがとうございます。
より優しく、あったかい文章を作れるよう頑張ります。

2016年10月27日木曜日

馬も私も肥ゆる秋

こんにちは、オペレーターの鮎川です。
鮎川は2人います。若くない方です。太い方です。

先日、近所で暮らす妹が「今日仕事で帰りが遅い」と
言っていたので、代わりに甥っ子を保育園に迎えに行きました。
そこで初めて会った担任の先生が突然
「わ!もしかして、おめでたですか?」と言ってきました。
「いいえ、違います」と答えたにもかかわらず
「え…。嘘…。いや…。え…?」と何故だか引き下がらない。
しばらく変な時間が流れました。

思えば、小学校高学年からずっと肥満体型で
妊婦に間違われたのは、これで4,5回目。黒歴史。
人生初は20代前半の頃、車に傷をつけられて
警察署に被害届を出しに行った時のことでした。
「ああ、腰掛けてください。赤ちゃんいらっしゃいますよね?」と。
若くて強気だった私は「え?あなたも訴えますよ」って真顔で
言ってしまいました。

もう30代後半に差しかかった今では神対応。
一度は「そうなんです、ありがとうございます」って言ってみたら
初対面のご婦人に、長時間お腹を撫でられながら話しをされました。

これからの時期、ハロウィン、クリスマス、忘年会、正月、新年会と
何かと理由を付けては飲んで食べる日々がやってまいります。

【体重、最高新記録は更新しない】という激甘の目標を胸に
乗りきりたいと思います。
皆様も時節柄(馬肥ゆる秋)お気を付けくださいませ!

2016年10月24日月曜日

君の名は。と師匠

すっかり秋らしくなってきましたね〜。
社内でマスク姿の方をよく見かけるので、私も風邪を引かないように日々気をつけて過ごしています。
(ただ厚着して寝ているだけですが)

ところで、皆さんは最近映画を観に行きましたか??
私は今とっても気になっているのがあるんです。

その名も「君の名は。」

爆発的なヒットを続けているということで、何かと話題になってますよね。

でもそんなことより…

私の師匠 Y田さんがどっぷりはまったらしく、なんと4回も映画館に足を運んだそうです!!

同じで映画を4回も観に行くなんてすごい。

休日は引きこもり宣言をしているお家大好き♡Y田さんを何度も外出させるほどですから、きっと面白いにちがいありません。

仕事中はクールで冷静沈着な師匠。
映画の話(あとゲームと音楽)となると目をきらきらと輝かせて語ってくれる姿に、とても癒やされております。

というわけで、師匠も大絶讃の映画「君の名は。」ますます気になっちゃいました。

なんだか 映画の話か師匠の話かわからなくなりましたが、観に行った方ぜひとも感想教えてください〜。

2016年10月20日木曜日

どなたか分からないけれど「ありがとうございます♡」

鹿児島に戻ってきて、もうすぐ一年。
久しぶりの鹿児島の猛暑をなんとか乗り切り、やっと秋と
思っていたのですが、まだまだ暑い日もあり、かと思ったら
結構寒かったり…。

不安定な気候のせいなのか、歳のせいなのか、最近首が冷える…と
感じるようになりました。
昔、「首・手首・足首を暖めるといい」と祖母から聞いたことを
思い出し、もっぱらストールを愛用中です。
もう何年も前に母から貰ったベトナム土産の大判ストール。
たたんで首にまいても、広げて肩からかけてもちょうど良い、
お気に入りです。

バスに乗っている時など、まだ冷房が結構しっかり入っており、
必需品となっています。
つい昨日、そんなストールをなくしてしまいました。
休日、出かけるためにバックに入れたと思っていたのですが、バスに乗り
ストールを取り出そうとしたら、入っていないことに気づきました。
「え?え??」と焦り、記憶をたどるも、あやふや…。
家でバックを取り替えた時に入れ忘れただけのような気もするけれど、
はっきりそうは言い切れない気もするし。。

一日中、もんもんとしながら過ごし、帰宅してすぐに家の中を探すも、
見つかりません。
家にないなら、家からバス停までのどこかに落としたに違いないと、
バス停までの道を探しながら歩いてみることに。

バス停まで半分近くの辺りまで来たとき、公園の側のサツキの植え込みの上に
白っぽいものが目に入りました。
思わず駆け寄ると、あった!私のストール!!
「洗濯しなくちゃ」と思っていたシミまでばっちり。間違いありません。

植え込みの上に落とすとは思えないので、きっと誰かが拾って置いてくれた
のでしょう。
その方に「ありがとうございます!!!」と心の中で叫んでました。

帰って家族にその話をすると「そしたらお礼のメモを置いておいたら」と一言。
確かに、拾ってくださった方も「あのストール、持ち主の手元に戻ったかな」と
思っているかもしれないし、何より愛用のストールが見つかって嬉しかったという
気持ちをお伝えしたいと、ちょっと恥ずかしい気もしましたが、今朝メモを
置いてみました。
拾ってくださった方の目に入るといいのですが。


その方の優しい心遣いのおかげで、ホッコリした温かい気分で
昨日一日を終えることができました☆
どなたか分からないけれど、「ありがとうございます♡」





2016年10月17日月曜日

これが私の生きる道〜南国かごんまスタイル〜

オペ歴半年たらず、そして鹿児島カムバックして10ヶ月。

所謂 東京の金持ちさん達が集まる避暑地、山梨県は山中湖
腰を据えていたらいつのまにやら 5年が経っておりました。

冬には基本マイナス15度。
真夏と呼べる季節は、1ヶ月もあったでしょうか??

そんな場所にいたG山にとって今年の夏は 色々な意味で"あつかった"のです。

オペになり初めての夏、久々の鹿児島の夏
いやぁ〜どちらも本当にもの凄かった(゜∀゜)

熱中症になり駅でバタンといったことも
今では懐かしい思い出です☆
翌日も元気に出社できる当たり、身体の丈夫さに有難く思うばかりです。


さて 某サポートさんにストレス溜まらなそう!とよく言われるのですが
本当にそうだと思います。
だいたい寝るか、美味しいもの食べれば忘れます。

そんな私でもフラストレーションが溜まる瞬間もあるのです。
吐き出さなくては気持ち悪い!
ので 最近はこんなことにハマリ出しました。↓↓↓


ガンガンと生地を机に叩きつける
すると
どうでしょう。

美味しいパンのできあがり♡

もらってくれる人もいないので
目下 食べ盛りで生意気盛りな高校生の弟の胃袋へ

たくさん作っても食べるぜ
と言ってくれる優しい殿方の出現を求むです。

季節の変わり目です。
ストレスは溜めず、吐き出し、放出が一番でしょう。
皆様の対処法も知りたいと思いつつ、冬に向けて走ろうと思います☆



2016年10月13日木曜日

おめでとう2歳☆

はじめまして!オペレーターのmassyです。
macoseで働くようになって約半年…。
宴会芸キャラに育った私ですが(写真は macose夏祭りでのワンシーン)、
実は子育てママであります。
なんと本日は息子の2歳の誕生日(^o^)
健康に育ってくれていることに心から感謝です。

30歳を迎えるまで自由気ままに過ごしていた私ですが、
子を持つ親となって始めて知ったことがたくさんありました。

ちょっと出かけることがこんなに大変だということや、
一回の食事で部屋が散らかり大惨事になること。
そして半端ないタオルの消費量や追いつかない洗濯物(T_T)

それでも、「ママ、好きよ」(←教えたw)の一言で
全ての苦労が帳消しになって幸せな気持ちになれること…。
たったの2歳なのに、ほんといい仕事してくれます(笑)
どんな高価なプレゼントを貰うよりも心が満たされます。

大切な方を亡くされたご家族から、
「何でもない毎日こそが、かけがえのない時間だった」
という言葉を聞くことがありますが、
今まさにその時間を生きていると思えば、イヤイヤ期真っ盛りで
毎朝戦争のようでも私は幸せです。

そしてもうひとつ。
きっと私の両親も私が生まれたときにもそう思ってくれていたのかな?
と気づかされてからは、〝ありがとう〟の気持ちが自然とあふれて…。

春に頂いた親孝行手当をきっかけに、両親と一緒に食事をすることや
贈り物をすることが気軽に出来るようになった気がします。

「幸せの感度」をあげてくれる仲間と志事に出会えて感謝、感謝の毎日です。











2016年10月10日月曜日

おもひでぽろぽろ

10月に入り涼しくなったせいか、センチメンタルな気分のサポートNです。

最近小学生以来、初めて『おもひでぽろぽろ』を観ました。
20年位前に作られた映画なのに、こんな大人な映画がジブリであったんだ〜とびっくりしています。。

27歳の主人公が小学5年生と旅をするストーリー。

小学生のときはちょっと老け顔(特にほうれい線)の主人公に惹かれず、観た記憶があまりないのですが、
今は主人公の年齢をこえてしまい 心にひびきました。

好きなのに好きと言えない男の子との初恋
親の気持ちが理解出来なかった小さい自分
分数の割り算…

主人公のことを好きな男の子が言いました。
「くもりの日と晴れと、どれが一番好き?」
かわいい… こんなこと今は聞かれません。

皆さんもキュンとしたくなったら是非ご覧下さい♪








2016年10月6日木曜日

歴史紀行


フットワークだけは軽い、サポートYです。

休日はもっぱら外出している事が多く、家には寝に帰っているようなものです。

そんなある晴れた日にふと思い立ち、知覧へ行ってきました。
山道を進んでいる時にチラリと見える市街地に、日常から離れるような感覚で心躍るようでした。
バスに揺られること1時間弱。ようやく知覧特攻平和会館へ到着。
春には満開の花が咲き誇る桜並木道を抜けると、待ち受けているのは復元された陸軍一式戦闘機『隼』。
模型とは思えぬ機体の存在感に圧倒されました。見る角度によっても受ける印象が違うので何時間でも見ていられます。


館内では残念ながら写真NGということで、お見せ出来ないのですが特攻隊の遺書や遺品・資料などが展示されておりました。厳かな雰囲気があり、身の引き締まる思いでした。混乱の世でそれぞれが様々な事情を抱えながらも戦地へ赴かなければならない心の内は如何ばかりだったでしょうか。

『生きる』とはなにか、『正義』とはなにか、『自由』とはなにか…と、考えさせられます。

また、来館者が自由に記入出来るノートがあるのですが見学をして感じたことや他の方へのコメントに対する意見が書き込まれていたりと世代・性差・生きてきた環境によって自分とは違う視点からの発見も出来て感慨深かったです。


せっかくの機会なので武家屋敷にもお邪魔させて頂きました。
まっすぐ続く石垣に沿って歩き、日本ならではの落ち着きある家屋や自然に近い形で整えられた庭園に心が癒やされました。 


改めて、鹿児島っていいな…日本っていいな…と再確認出来るプチ旅行となりました。
知識を深めることで見えることも違ってくると思うので、日々勉強という心構えで前進して参ります!!

2016年10月3日月曜日

心遣い

はじめまして!
サポートHです。
私には手帳と一緒にいつも持ち歩いているものがあります。
それは、祖母からもらった1枚の封筒です。
そこには私が初任給で買ったプレゼントのお礼と、
「上司には安心される、同僚には信頼される、部下には尊敬される人になりなさい」
という祖母からの教えが書かれています。
なんと、あの孔子も同じようなことを言っているんです。
さすが、ばあちゃん!
お年玉やお誕生日のお祝いをくれる時、必ず、封筒に手書きのメッセージを添えてくれていた祖母。
そのちょっとした心遣いに愛を感じました。

マコセに入社して、ちょっとした心遣いがいかに大切かを日々、痛感しております。
マザーテレサは「この世で最も尊いことは仕えること」だと言っています。
有り難いことに私の周りには、心遣い上手な方がたくさんいらっしゃいます。

私も先輩方を見習って、自分のことばかりではなく、相手を、
誰かを思いやる気持ちの持てる人でありたいと思います。