2015年8月31日月曜日

28歳を目前にして

何でもいいよと言われると逆に迷ってしまう新人M山です。
子供の頃は図画の授業で「好きなものを描いて下さい」と言われれば嬉しかったのに…
大人になったということでしょうか。
いや優柔不断なだけですね。

というわけで何を話題にするか悩みに悩みました。
特にどこかへでかけたりするわけでもない寂しい女なので人様に
お話するようなこともなく。
昨夜たまたま会った友人に「何かない?」と相談して困らせる始末。
ごめんねNちゃん。

しかし読み返してみれば結構皆さん自由に書いている様子。
なら大好きな海外ドラマの話でも…と思ったのですが、愛が溢れて止まらなくなりそう
なので、昨日ようやく終幕を迎えた世界陸上についてちょっとだけ。

といっても毎日最初から最後まで観ていたわけではありません。
家に帰ると両親が観ているので、仕方なく夕飯を食べながら一緒に観戦という感じです。
空腹の胃に黙々とご飯を詰め込みながら、

「これはだめだなー。あーあ」という父の勝手な解説と
(陸上の何を知ってるんだ)
「あの人かっこいい!あ、あの人可愛い!見た?見た!?」という母の黄色い声
(どこ見てるの)

を適当にあしらいつつ、ぼんやりと観ていました。
スポーツに詳しくないのでルールや選手の名前もさっぱり。
速いな—高く跳ぶな—ぐらいの感想でした。

しかし!その中で唯一知っている名前が!
そう、ボルトです。ウサイン・ボルト。
ジャマイカが誇る陸上選手です。
陸上に縁がなくても彼を知っているという人は多いはず。
数多くの大会で優勝している、「すごい」という言葉だけでは足りない選手です。


知っている名前に思わずテンションが上がり身を乗り出して観ていましたが、
やっぱり速かった…
終盤で次々に他の選手を追い抜いていく光景は「気持ちいい!」の一言でした。

テレビで何気なく観ているだけでしたが、きっと彼は毎日他の人の何倍も練習を重ねて、
あの足を手に入れたのでしょう。
調べてみれば彼は持病があるとのこと。
それをカバーするために独自のフォームを生み出したそうで…
やっぱり世界で活躍したり何かを成し遂げたりする人というのは、どんな困難にもくじけない強さがあるんだなと改めて考えさせられました。

大会ごとの試合は一回きり。
その一瞬のために、一年のほとんどを血のにじむような練習に費やす選手達。

ひとつのことに向かって全力で挑む姿に、私もこうありたいなと思った夜でした。


明日から始まる28歳の人生。
仕事に趣味に(できれば)恋愛に、力の限りを尽くしたいと思います!


















2015年8月27日木曜日

何気ない日常のありがたさ

初めての登場でいきなりですが、
私が住んでいるのは、薩摩川内市の奥地の奥地…
大雨の日などは、よく停電するのですが、今回の台風が直撃した
24日の深夜から今日に至るまで我が家に光が灯ることはありませんでした。


25日、26日とお休みを頂いていたことが不幸中の幸いと
言うべきか、25日は家のまわりの木がなぎ倒され
とても外出できる状態ではありませんでした。


友人の様子も心配だったので、連絡をとってみると
車庫がなくなったとか、朝起きたら庭に無人販売の
建物が飛んできていたとか…田舎ならではの被害状況で仰天。


まあ、いずれ電気は来るだろうと悠長に考えていましたが
なかなか復旧せず夜へ…
真っ暗闇の中 懐中電灯の明かりでご飯を食べ、もちろん
お風呂も使えないので川内の市街地まで車を走らせ温泉へ。
作動してない信号機や明後日の方向を向く信号機に
ビクビクしつつ運転し、何とか無事にたどり着くことが出来ました。
幼い頃ならわくわくしたのでしょうが、
残念ながらそんな幼心は持ち合わせていないので、
とにかく恐怖との闘いでした。

まあ そんなこんなで不便を強いられましたが、1日だけ!耐えるしかない!と思い、26日。いくら待っても電気は来ず…笑
冷蔵庫の中身もいよいよ限界。太陽光発電を駆使して
わずかながら冷気を送り込み…なんとかしのぎ二日目の夜。
やはり電気はつかず、気づいたら27日の朝になっておりました。
暗い中で2日とちょっとを過ごしたからか、鹿児島市内の明るさは私の目に刺激的です。
こんなにも世間へ明るいものなのか…と驚きを隠せません。笑

昼頃に親から「まだ電気来てないよ」と連絡が入り、今晩も思いやられますが、電力会社の方はきっと全力を挙げて復旧に取り組んでいるはず!
普段の生活のありがたみを感じるいい機会になったとプラス思考で

待とうと思います^^どうか我が家のまわりに光をーーーー!!!

心の叫びを綴ったところでお別れしたいと思います。
OP S小牧

2015年8月24日月曜日

美味しいパンはお好きですか?



休みの前の日に、美味しいパンを片手にお酒を飲みながら
月9を見るのがマイブームな えいちです。


仕事が終わった後、閉店間際で安くなったパンを目の前に
最近ついつい手に取ってしまうのが「プレッチェル」

皆さん、どんなパンかご存じでしょうか?
お店によって違いがあるようですが、





こんなかんじの、交わりあった形をしております。

このパンに興味を持ったきっかけは、とあるマンガ。
パン屋さんを舞台にしたお話で、美味しそうなパンが沢山でてきます。

パン屋さんに行ったことは数えきれないほどあっても
その本のページをめくるまで、私はパンの作り方も名前も よく知りませんでした。
本の中では「プレッチェルは塩辛いもの」と紹介されており
甘いパンが好きな私は、たいして興味を持たなかったのですが
実際にお店で見てみると美味しそう…。
作品に近づきたい気持ちもあり、思いきって買ってみました。


食べてみて びっくり。

甘い!!!

そのお店が特殊なのかもしれませんが、「冒険してみてよかった」
そう思える味でした。


普段の私だったら手に取らなかったであろう「プレッチェル」
少しのきっかけで私の世界はひろがりました。
休日は家にこもりがちな私ですが、もっと色んな経験をして色々吸収して
仕事にも役立てていきたい!!そう思える、ひとつの出会いでした。


噂によると、本場ドイツの空港では「プレッチェル」が食べ放題らしいのですが
本当なのでしょうか。知っている方いたら教えて下さい。


まずは、人生で初めて買った水着を着る機会をつくらねば!!と考える
えいちなのでした。


                                     えいち

2015年8月20日木曜日

れっつ らんにんぐ♪

 はじめまして。
 最近 見た目年齢で生きることを決心した
 年齢不詳者のOP O山です。
 自己紹介を兼ねてつらつらと書いてみたいと思います*



 私はよく冗談を本気で返されます。
 そして困ります。

 私はよく猫の鳴き真似をして、道行くにゃんこをナンパします。
 戸惑う姿に満足します。

 そして私はよく猫耳をつけて走ります。
 その証拠がこちらです。
 どん 。






























 こちらは5月に行われた
 Midnaight Runners kagoshima vol.7

 というイベントの写真です。


 体育の授業で3以上の評価をもらったことがないほど
 運動音痴な私ですが、
 楽しいことは大好きです♪

 だからこうして不定期で行われている
 イベントのスタッフをしています。
 筋肉痛必至です。


 どんなイベントかといいますと、
 土曜日の夜中0時から天文館や中央駅近辺を
 おしゃべりしながら楽しく走るイベントです。
 要は変態の集まりです♪
 これは代表が公言しているため、事実です(・∀・)


 具体的には
 先頭を走ってコース案内をしたり
 歩行者の邪魔にならないよう
 声かけをしています。
 か細い私の声を参加者の皆さんが大声で復唱してくれます。
 ありがたや。
 皆さん優しい方ばかりです。

 


 
















 こちらはスタッフの足。円陣組んでます。

 大学生のスタッフが多い中、もれなく私も
 大学生に間違われます。
 年齢を言うと驚かれます。というより引かれます。
 「よく間違われますー」と笑いながら
 心の中でガッツポーズをしたりしなかったり。
 そんなサタデーナイトを過ごしています。



 過去の写真もちらり。


 MRK vol.5















 New Year Run2014
















 MRK vol.4
 この時はピンクリボンさんとのコラボが実現!
 参加者約350名で大きなピンクリボンをつくりました*




 あ、vol.6が抜けてる。。
 気になる方はFac○ Bo○kで検索してみて下さい♪



 県外からわざわざ参加される方もいらっしゃるこのイベント。
 詳しいことを知りたい方は、O山まで是非。
 しっぽを振って喜びます♪


 それではこの辺にて。
 失礼しました*




2015年8月17日月曜日

嬉しいプレゼント♪

人生初のブログということで、少々緊張しております(^^;)
3日程前に30代最後の誕生日を迎えたOP Y馬場です。

ブログの内容を何にしようか、正直悩みました。
先日姉と二人で久々のランチに行ったので、その話にしようか…などと考えているところに、
ななな、なんと会社から誕生日プレゼントを頂くというサプライズ!!!
マコセに入社して1年目の私。
しかし、社会人生活10数年の中で初です。本当です。
とても驚きましたし、ものすご~く感激しました♪
早速 頂いた箱をパカッと開けてみると、美味しそうなお菓子の数々。。。


仕事を終え、我が家に戻って夕飯を食べ満腹になりましたが、
「お菓子、美味しそう…」と思わず呟いてしまう私。
誘惑には勝てず、食欲に任せるまま早速頂きました。
(太ると言われても夜九時を過ぎても気にしない!)
「うーん。うまい!!!」
これもこれもと一通り食べて、満足したところで
「後はまた明日以降、食べよう♡」と大切にしまいました。
大事に大事に(といっても、すぐになくなりそうですが…)頂きます。
社長をはじめ、寛子さん、そして会社の皆様、本当にありがとうございました。

これからも頑張っていこうと感動の1日を過ごした OP Y馬場でした。

2015年8月13日木曜日

夏だ!祭りだ!燃えろよ☆ワッショイ!〜マコセ夏祭り2015〜

☆マコセ恒例・夏祭り☆


やってまいりました〜☆猛暑も吹き飛ばすマコセ恒例夏祭り!
今年も100名をこえる たくさんのお客様をお招きして
賑やかな ひとときを過ごすことが出来ました。








ヨーヨー釣りや射的、スイカ割りetc.に はしゃぐ子供達の可愛いこと♡
浴衣姿のあでやかな女子&男子??にうっとり♡
各班 腕によりをかけて準備した お料理や、練習を積んだ出し物が祭りムードを盛り上げます。














宴もたけなわとなってきた頃、出し物をしばし中断。今年も力作ぞろいのアワード発表の時間です。
感動、涙… 育休中の正田部長からお言葉も賜り、これからも多くの方の心を打つ文章を書けるように
ご依頼頂く方々の〝想い〟を伝えられるように、日々精進していかなければと思いを新たにしました。







そしてまた、気分も新たに楽しい余興(夜の部)の始まりです!
来ていたちびっ子達、これが大人の世界だよ。















大爆笑の後は、浴衣美人コンテスト!
今年は昨年よりも浴衣率高い!!趣向をこらした着こなしや粋な姿に目を奪われます♡








昨年優勝した、社長夫人の寛子さんの息を吞む美しさをおさえ、一位の栄冠に輝いたのは
経理の一松さんでした。若いって素晴らしい!So キュート♡








そして宴も幕引きの時間。
いっぱい笑って、いっぱい楽しんで、みんなハッピー☆
こんな素敵な機会を与えてくださった社長、寛子さんに感謝です。
そして何度も入念な話し合いを重ねて準備を進めてくださった実行委員会の皆様
本当にありがとうございました。
まだまだ暑さは続きます。エネルギーを充電をしたところで
皆様、頑張っていきましょう!!

オペ H瀬

2015年8月10日月曜日

テーマ(一貫性)をもつということ

私はテーマパークが大好きです。
世界観を作り込んでるものほど大好きです。
某 夢の国でミッキーがランドとシーで同じ時間にショーをやらないこととか(もちろん中の人なんかいないので、当たり前といえば当たり前…)
ゴミを拾ってるスタッフに「何を拾ってるの?」と聞くと「夢のかけらです!」とか「インディジョーンズの採掘資料です!」って答えるところとか…(なんだか素敵なものに見えてくる気がしないわけでもなくもないから不思議)
細部まできちんとそのテーマに合わせてあると、感心します。良い仕事するなあと思います。上から目線ですみません。

そんな私が、先日火の国 熊本に遊びに行って、入った居酒屋がこちら。
どん。ご存じの方もいるかと思いますが、『忍者屋敷』です。

下通の賑やかな店の中に、怪しげな地下への入り口。
降りていくと、そこは………なんと、行き止まりです。えーっ。
でも、引き返してはいけません。ここは忍者屋敷。隠し扉を探しましょう。

無事に扉を開けて中に入ると、「ニンニン!」とか「ござる」とかが口癖らしい、隠密としての自覚のかけらもない、現代っ子な忍の皆様が迎えてくれます。

通されたお部屋はこちら。

壷とか手裏剣とか刀などの中に最新型空気清浄機が絶妙にマッチした、奥の間です。雰囲気あります。古めかしい物に囲まれてても、空気清浄機のおかげでカビくさくなんてありません。
そして渡されたメニューがこちら。どん。

ま、巻物…
くるくる開いてみましたが、さすが、長いです。ちょっと見づらいほどです。
そして、おかしな名前のメニューがちらほら…
とりあえず飲み物を、とドリンクメニューを見ても、こちらにもおかしな名前が…
何のリキュールなのかはもちろん、果たして飲み物なのかさえ さっぱり分かりません。

よーし、忍者は度胸だ!その気になって、目についたおかしなものをガンガン頼む私達。
私「“暇をもてあました姫君の遊び”下さい!」
忍「シンデレラですか、白雪姫ですか」
私「えっ…(あんみつ姫とかじゃないんだ…)し、し、しんでれら…」

私「“弥七に狙われたポテト”下さい!」
忍「拷問つきですがいいですか?」
私「えっ…は、はい…」

私「“○○○”下さい!」
忍「卑猥ですがいいですか?」
私「えっ…えっ…じゃあ、いりません…」

と、注文さえも一苦労でした。忍の道は険しい。でも楽しい。

ちなみに、お通しは手裏剣パンでした。(手前の哺乳瓶は、頼んだ飲み物のひとつです。)
ちなみに、忍者スタッフを呼ぶボタンも隠されてました。
写真の腕が悲劇的なため、普段からあまり食べ物を撮る習慣がない私。せっかく頼んだ驚きのメニューの数々は、ほとんど撮っていません。
これはあまりに女子力高かったので、さすがの私もカメラをかまえたドリンクの一部です。


さて、天井やら壁やら どこに刺客が潜んでいるか分からない忍者屋敷で、あろうことか
ほろ酔いでまったりしている私達のところに、可愛いくのいちさんがやってきました。
「ニンニン!忍術を披露するでござる!」と言いながら、手裏剣でも刀でもクナイでもなくトランプを取り出し、華麗な忍術を披露してくれました。
思わず言っちゃいます。「すごい手品でござるー」
お隣の県から来たと言ったら、「鹿児島にもこんなお店あるでござるか?」と聞かれました。マコセの皆様、こんなお店、鹿児島にあるのなら私に教えて下さい。色モノ好きです。

お腹も心も満たされて、満足満足。良いテーマパークでした。お会計をしてお店を去ろうと
したら、忍の皆様が「○○様ご一行、ご出陣ー!!」の声で送り出してくれました。
思わず「うむ、出陣だ!」と階段を上る足に力が入る、単純な私は幸せ者だと思います。

最初から最後まで そして隅々まで、一貫した世界観で作られた場所が大好きです。
お礼状だって、あるテーマに沿って作ればまとまりがあって、分かりやすくて、感情移入しやすくて、読む人の故人への印象を更に強められるはず。先日行われた夏のアワードでの受賞作にも、そんな一本がありました。

タイトルから締めにいたるまでの全てに工夫とオリジナリティを凝らして散りばめて、「お、良い仕事してるなぁ」そう うなって頂ける一本をいつか作れたらなあ、そう しみじみと思いました。

OP H師

2015年8月6日木曜日

結局は、ごはんが美味しかったよってことです


それに気付いたのは、一昨年のクリスマス前の事でした。


右の上顎第三大臼歯に突如表れた違和感。しかし、近頃の若者(ん?)は我慢が足りないと巷でいわれていることもあり、忍耐を学ぶいい機会と捉え、普段より念入りに歯磨きをすることで経過を観察しておりました。




しかしクリスマスのご馳走が悪い方向に働いたのか、どうにも耐え難い苦痛を伴うようになったため、己の意志の弱さを恥じつつ会社からほど近い歯科医院の門をくぐることを決意致しました。平成25年12月末のことです。




それ以来、休みのたびに通いますが、一向に快方には向かいません。
ぷんと漂う消毒液の匂い、電動で倒される椅子、思わず目をつぶってしまうライト、歯科医師のゴム手袋の匂い、キーンと唸りながら回転する治療機器…。



左手に握ったハンカチに皺が寄り、眉間にも皺が寄り、無様に大口を開け数十分にわたって口内を蹂躙されるという試練に耐え続けて数ヶ月。仕事が忙しさを増し、予約変更を重ねるうちに、いつしか足は遠のいておりました。



右奥歯でかまなければ問題ないじゃん。


そうして月日は流れて平成27年7月。
悪夢再び。

今度は自宅から徒歩五分の歯科医院を訪れました。前のところに行って、一年前の続きをお願いしますって言う勇気がなかったチキンなんですもん。
三度ほど治療して頂いた結果、「もうね、抜くしかないですよ」
半ば無理矢理押し切られるように決まったXデーは8月5日水曜日、友引でした。

鬱々と沈む心を浮き立たせるにはどうしたらよいのか。
歯磨きが足りなくて右の親知らずにがっぽし虫歯作っちゃって今度抜歯なんだよねーって息子に言ったら鼻で笑われ。
ヤツが不在の8月3日、「さようなら、私の右上顎第三大臼歯の会」を行いました。最後に美味しいものをいっぱい噛ませてあげたいじゃないですか。


急な誘いに乗ってくれたのは、ファーブル名前を言ってはいけない彼ら記の読書感想文が秀逸なH山リーダーと、同じフロアの新卒2名(SまさんとHぞのさん)。
向かった先は、中央駅そばのお魚が美味しいお店。
みんながサワーを頼む中、ホットウーロンで乾杯しました。


ツブ貝の壺焼きが最初に出て
初挑戦のSまさんに、手取り足取り指導するH山さん。

美味しそうに二人で食べてました。

新人に丁寧に指導するH山さん
先輩の指導のもと、忠実に指示に従う新人Sまさん
甘エビの唐揚げ、サワラのホイル焼き、炙りサーモンの大根おろし添え、お刺身三種盛、厚揚げの野菜あんかけ等々
美味しかったです★

甘エビの唐揚げ!美味しくて写真撮るの忘れて残り2匹!

蒸気で火傷しないように慎重に開封するHぞのさん


炙ったサーモンで大根おろしを播いて頂く、まさに絶品

美味しそうに頬張るSまさん

厚揚げの野菜あんかけ!美味しい!


抜いた歯はイヤリングにするといいんだと言ってH山さんが譲らなかったり
(そんな情報聞いたことないですよ、ネットでも出てきませんよ)

イメージ的にこんな感じでしょうか?

初めてのアクセサリーはなんだったかとか、持ってる中で一番高いアクセは何かとか幾らかとか、女子っぽい話題で盛り上がったり。
締めのおむすびがむっちゃくちゃおいしかったらしいです!
こうして「さようなら、私の右上顎第三大臼歯の会」は、無事にお開きとなりました。


ちなみに。諸般の事情により抜歯の日程は延期、来る8月13日まで引き続き私の口腔でじくじくと痛み続けることが決定しております。

涙。




written by T


2015年8月3日月曜日

涼しさを求めて、自然を感じて。

8月に入って、尋常じゃなかった雨もおさまって、
最近、陽射しが 暑いを通り越してイタいです。


毎日30度をこえるこの猛暑日を乗り越えるべく、
先日、涼しさをもとめて熊本の鍾乳洞に行ってみることにしました。
一般コースの他に探検コースというものもあって、
絶対行くべきだと探険コースにも参加したのですが…

熊本の鍾乳洞を、あまくみておりました。。











長靴と、ヘッドライト付きのヘルメットをかぶって、約1時間…
直角な梯子を下りて上がって、子供もしゃがんで抜けるような入り口を何度もくぐって…

一緒に参加した見知らぬおじちゃん達と励ましあいながら、
ぜーはーぜーはー言いながら…
想像以上のハードルートでしたが、
「道」とは思えないそのルートが、また大自然の中を垣間見てる感覚を増幅させて、
思っていたより、ずっと感動しました。












聞けば、日本各地に鍾乳洞があるとのこと。
また機会があれば、県外の鍾乳洞を訪れてみたいと思いました。









「なるべく外に出ずにクーラーの中にいたい」という気持ちに、しょっちゅう負けてしまいますが、「あれ、いつ夏おわった?」とならないように、自分の体力と相談しつつ、楽しめればいいなと思います。オペKでした。