2013年9月30日月曜日

瀬戸山(大)お届けする北海道旅行


平山さんが病み上がりだったとは全く知りませんでした。
今日は瀬戸山(大)がブログを書かせて頂きます。

ついに訪れた社員旅行。快く見送ってくれた方々に感謝しつつ北海道を満喫して
まいりました。
わくわくしながら飛行機に乗って、北海道にたどり着いてすぐに抱いた印象。
それは寒い、とにかく真っ直ぐ、土地が広すぎる。

釘田さんに運転をまかせて、車の中は女子会の様相を呈しておりました。
みんなで北海道と鹿児島の違いをワイワイ言いながら、向かったのは ずっと行きたかった
旭山動物園。


電池が切れたデジカメを首からぶら下げて、最初に目に飛び込んできたのは両足を
ついてがたがた震えるフラミンゴでした。くちばしをカタカタしてる姿を見れば、
寒いと顔をこわばらせていた旅行仲間たちにも、自然に笑顔の輪が広がったものです。

あまり広い感じでは なかったけれど、とにかく動物たちの見せ方が上手。
すごく距離が近い!!!


ちなみにセンターラインから見て少し右が、一番震えておりました。

次に行ったのがペンギン館だったかな、たしか…
入ったとたん すんごいきれいなんです!!!




見て下さい、この感じ!!!
飛ぶように泳ぐペンギンたち。床もスケスケ水槽の中をずんずん進むと待っていたのは
〝もぐもぐタイム〟なるペンギンの餌やりタイム。小さいのから大きなやつまで
トトロみたいだなと思いながら眺めました。



次に行ったと思われるあざらし館は、テレビで見たまんまでした。
筒の中をすーっと通って行くんです。ときおりこっちを向く姿が可愛かったんですが
写真におさめることはできませんでした。
右の写真は上から見た様子。こいつがとにかくサービス精神旺盛でした。



どうやら最初のフラミンゴ以外は過ごしやすい季節になってきたらしいです。
アザラシ目線で楽しめるシロクマ館では、白い巨体に急接近。
エゾシカの森には北海道らしく、人間と動物の共存を図るためか おりの中で
農業を営んでおりました。


他にもトコトコ走るアライグマや、高台からにらんでくるオオカミやら、
ハリーポッターのヘドウィグやら、お伝えしたいことが山ほどあるんですが…
電池切れのカメラを持っていたことが、心から悔やまれます。

なんだかんだしている内にあっという間に訪れた閉園時間。
おそらく名物の冷えたアップルパイやクリームメロンパンを買って、一路ホテルへ
向かいましたとさ、とても楽しかったです。どうにかいて戻りたいと思っております。

おしまい





PS.この日の夕食で信じられないイケメンに出会いました。写真がないことが
   惜しまれます。







                                  


北海道の下半分旅行の報告~1人目

 
前回の社員旅行。私ことH山は風邪で40度近い高熱が出てしまい、病院で点滴2本を打ってもらった体で出発しました。
前々回は口内炎が15個もできてしまい、「話すと痛い」「食べると痛い」どころか「息をするだけで痛い=生きているだけで死にそう」な状態が完治しないまま出発しました。
ので今回の個人的な旅行目標は『健康体で行く』!!! 
幸い大病を患わずに向かうことができ、本当によかったです…。
その北海道旅行。鹿児島から東京経由で旭川に着いた後は、レンタカーで札幌・新千歳・室蘭・函館へ下り、函館から東京経由で鹿児島に戻るというものでした。移動距離およそ500㎞。鹿児島から福岡を越えて更に先へ行く長旅になんでなったかといえば、メンバー全員の希望地を数珠つなぎにしたら、そうなっちゃったからです。ちなみに、
・旭川―瀬戸山さん
・札幌―私
・新千歳―日高さん
・室蘭―松藤さん
・函館―釘田さん
がご希望でした。それぞれの観光地はそれぞれが報告します。
というわけで私は札幌!
 
 
 

これが、日本3大がっかり名所の時計台です。
私達、初日の旭川では雨に降られて泣くほど寒い思いをしましたが、他の日は天気に恵まれ、2日目に行った時計台も白さが青空を背景に際立って見えて、それほどがっかりはしませんでした。
 
 

 
これがテレビ塔。で、そこから見える風景は
 
 
な感じ。どこまでも広がる街並みがきれいでした。
そのテレビ塔の地下にあったラーメン屋さんで、噂のバターコーンラーメンを食べたのですが
 
 

大量のコーンとモヤシとチャーシューを食べたため、麺にたどり着く頃には満腹で、完食なりませんでした…。味は好みだったというのに。
「食」といえばテレビ塔の近くでは食べ物フェアが開かれていて、
 
 



 
 
人と店で賑わってて、馬まで歩いてた。
ところで、旅行の目的地を一応決めつつも、気が向けばあっちこっち行ってみました。これもその一つ、札幌ビールの博物館です。
 
 



 
ビールの飲み比べもできる優れどころです。
 



ところで今回の旅行の目標は『新しいチャレンジ』でしたね。

ということで、私も生まれてこの方やったことのなかった『ナンパ』なるものをしてみました。

お土産屋の店員さんが、なかなか愛嬌ある顔立ちな上に超親切だったので、褒めちぎって連絡先を交換してみました。日頃の取材で見知らぬ方と話している経験が奏を効したのか、なかなか会話は弾んだように思います。「今度くる時はサービスしますよ」と言ってくれましたが、実現する日がくるのかどうか…。

あれこれの思いで輝く旅行、とっても楽しかったです。

機会を下さった社長、いろいろお気遣い下さった寛子さん、私達の不在中に働いて下さった職員の皆様、そして同行した4人のメンバーの協力にも感謝感謝です。

リフレッシュした気持ちで働きます!

2013年9月28日土曜日

おはようございます。松藤です。

おはようございます。 
北海道班最終日は、朝市に来てます。  
どれもこれも新鮮で美味しそうです☆★  

函館を満喫して今日、帰ります!!


2013年9月26日木曜日

お仕事をしていて、ふと思うこと…


私は母方の祖父に会ったことがありません。
それは私が生まれる前に亡くなってしまったからなんですけど、
聞く話によると子供を本当に可愛がる子煩悩な人だったそうです。
子供のすることに「NO」と言わなかったとか…。
戦争に行ったけれど無事戻ってきて、読書家で音楽も大好き。
小学校から金管バンド、中学・高校と吹奏楽をしてきた私は
そんなおじいちゃんに似たのかな?と勝手に思っています。
コンクールや定期演奏会にも「きっと見に来ていたと思うよ」と
母から言われたら「どんな感想言ってくれたかなぁ?」と考えてみたり。






亡くなられた方がご高齢の方だと、お孫様とのエピソードが多くなることがあります。
十人十色というようにお話の内容も人それぞれ。
時折、「私だったら おじいちゃんについてどんなことを話すかな?」と
思っちゃうわけなのです。

写真を見るからに優しそうなおじいちゃん。
犬も大好きで、一度も吠えられたことがないというので、
お犬様な我が家の愛犬にも吠えられないのかな、とか…。





まだまだ未熟な私ではありますが、ほっこり心和む話を聞いて、
少しでも良いお礼状が作れるように頑張っていきたい!と思います。
気持ちを新たにしつつ季節柄か ちょっぴりしんみり(←個人的には)してみた(つもりの)OP江神でした☆




2013年9月25日水曜日

9月25日出発 社員旅行 北海道組 旅行レポ続き

羽田空港を経て…
北海道、旭川空港に無事着きました!!

残念ながら生憎の雨模様デス↓↓↓
明日は晴れるみたいなので、期待したいと思います!

では、旭山動物園に行ってきます☆★


9月25日 社員旅行 北海道班出発☆

これから平山さん、 釘田さん、瀬戸山君、日高サン(サポート)、
松藤の5人は北海道に出発します!!

このような機会を与えていただいた社長をはじめ、色々と気遣ってくださった寛子さん。そして、私達の分まで働いてくださる社員の皆さんありがとうございます。

北海道は雨模様ですが…汗
3泊4日楽しんで来ます。

※釘田さんは撮影のため写真にはいません…


2013年9月19日木曜日

ポタリング、行ってきました。


ポタリング、と言うと自転車が主なのでしょうが、バイクなどで散策することも広義ではふくまれるらしく。
ならば原動機付き自転車は自転車だから十分ポタリングかなぁ〜、ということで私の愛車、ヤマハのジョグ十年くらい前製をこき使って出かけてまいりました。


当初霧島まで行く予定でしたが、家族を含めS地部長など多くの方に猛反対され、第二候補だった開聞岳を目指すことに。

お天気に恵まれ、降灰にも恵まれた9/17、わくわくしながらガソリンを満タンに、ついでに原付用のオイルも満タン、スマホもフル充電、いざ出発!です。


出発して小一時間、平川のハンバーグが美味しいお店の
駐車場にそっと入り、桜島をぱしゃり。


左側が鹿児島市内方面、灰が降ってますね、かすんでますね


錦江湾におっきな船が浮かんでいました




R226をひたすら下り、ちょっと休憩しに立ち寄った道の駅。
備蓄基地が見えましたのでぱちり。


でっかかったです



九月ですが、きれいなハイビスカスが咲いていました


そしてまた走って、途中右に曲がってまた走り…
たどり着いたのは、イッシーの住むという池田湖!


世界一のうなぎが寂しげ。後ろの山が開聞岳です




私の愛車。後ろのでっかいバイクは無関係です。


観光客もちらほらいる中、水分補給と目の保養を終え、再び原付に乗ってかっ飛ばします。




池田湖畔からみた開聞岳。真っ青な空が気持ちよい!

















唐船峡のそうめん流しを横目に見ながら通り過ぎ、
そのまま南下してたどりついたのが
本日の目的地、枚聞神社です。


枚聞神社!鳥居の上にチラと見えているのが開聞岳です





手水場にカマキリ発見。
秋なのに元気だよなぁと思いつつもぱちり。


本当に顔が三角▼でした


境内は少しひんやりとした空気が漂っていたように感じました。
そしてここにも伊勢の式年遷宮が!
確かに日本の神社の一番上だもんな〜と納得しながら
記念に一枚撮りました。



朱塗りが目に鮮やか




お参りを終え、絵馬を奉納し、振り返ってみたお社が
きれいだったので、思わずもう一枚。




また来ます!

















沢山の絵馬に記された、多くの人の儚い願いを読んで
今ここに自分の意志で立っている幸せを噛みしめました。


さて、用事も済んだし、のんびり帰路につくことに。




開聞岳には、のどかな風景が似合う気がします




ずっと真っ直ぐに続く道を走り



見事に真っ直ぐ、車もあまり通らない!
























サイドミラーに映った開聞岳を撮る私の手





















お見事な晴天!と開聞岳


そしてひたすらまた国道を上る私が目にしたのは





左方向、鹿児島市

灰にまみれているであろう鹿児島市内。
帰りたくない。。。本気で思いました。


帰り着く前にもうちょっとだけ非日常を、と立ち寄った
自宅近くにある喫茶店でお茶。



はっぴばーすでー☆

手首から先だけグローブみたいに日焼けしましたが
ぷらぷら走るの、楽しかったです。
今度は紅葉をたずねて北薩方面に行ってみようかな〜と思ったり。
原付の手入れしないと!


ひとりを満喫できるようになると
大人になったような気がしていましたが
気付けばホントにひとりを楽しんでる自分がいて
縁遠いはずだとしみじみ思いながら第一回ポタリングは幕を下ろしたのでした。

OP 堤

2013年9月18日水曜日

衝撃の再会

前記事のN嶺さんよりプレッシャーという名の重いバトンを渡されてしまいましたが、
最終走者H高が精一杯、今回の台湾旅行の面白さをお伝えしたいと思います。

さて、今回の旅で何が一番衝撃的だったかと言いますと…
タイトルにも書いている通り、それは「再会」。

異国の地で、いったい誰に再会したのか。
前回N嶺さんが書いた記事を思い出しつつ、お読みください。

その前に!N嶺さん、14日じゃなく、11日の朝ですよ~。
すっかり台湾のゆるやかな時間の流れにやられてしまったようです。
(時差は1時間ですが)

話は前回とかぶりますが、11日の朝に朝食を食べにホテルを出た私たち。
向かうは、永和豆漿大王という、豆乳スープと揚げパンで有名なお店。
N嶺さんは、タクシーのおじさんに美味しいお店だとおろされ、と簡潔に書いていましたが
実際は、上記のお店に行くことを予定していたのです。…
が!「現地の人、食べにくる。こっちも同じようなお店」と案内された
洪記豆漿大王」。ん?いきなり想定外の展開。
けど、問題なく美味しくいただき、大満足でお店をあとに♪

でもここ、一体どこ?
土地勘のない私たちはすぐにまた別のタクシーを探しました。
すると「どこいくのー?」と、一本、道路を挟んで少し離れたところから声が。
見ると、タクシーのおじさんが窓をあけてこちらを気にしてくれている。
しかも日本語!!これは乗るっきゃないでしょ!

以下、運転手さん(名は、高さんという)との会話文。
(きっちりとは覚えてないけど大体こんな流れ)

高さん「どこいくの?」
私たち「忠烈祠にいきたい!イケメンみたい!」
高さん「あーヂョンリェツーねー、まだ開いてないヨ!9時からだよー」
私たち「え!そうなの?どうしよう~」
高さん「お茶は?いいお店知ってるヨ。そこ、知り合い。日本語も通じるよ、案内する。
そのあと、ヂョンリェツー行けばいいよ」

おっと、いきなり怪しい展開…だけど、お茶、飲みたい。
高さん、日本が好きで何度も訪れているのだという。言うだけあって、
日本語はほぼぺらぺら。難しい単語も知っている。
少し警戒しつつも、乗り掛かった船、高さんの笑顔と言葉にほだされ
お茶屋さんへ行くことに。

お茶屋さんへつくと、早速、これまた日本語ぺらっぺらなおばちゃんが、
わんこそば並みに次から次へと、お茶をサービスしてくれる。
もちろん何も知らない観光客へ高いものを売りつけるためだろう、と疑いつつも
その美味しさに、我を忘れて飲みまくり、おばちゃんの「そんなに迷うなら安くする、
これもサービスよ、わかった、じゃあこうしよう」と必死な様子に、一瞬、家族皆の
呆れた表情が頭をよぎるが、最初に飲んだ「阿里山茶」のあまりに芳醇な香りと味が
私の心を揺さぶりまくり、ついに陥落。
お値段は、もしあれなときにあれなので、恥ずかしくて言えませんが
結構なお値段でした。それを、7つも買ってしまいました。あえてさらりと言いますよ。
某中華街では5倍の値段で売ってるらしいって、ほんとかなー?

でも私、この時、最高に自分に都合のいい、この行動を正当化できる言葉を思いついたんです。
「先の大震災のとき、台湾は200億もの義援金を寄付してくれたではないか!
たとえぼったくられていたとしても、お返しと思えばそんなの大した金じゃあない」(ドヤぁ!)

さて思い切った買い物をした後、また高さんにパイナップルケーキのお店につれていかれ
ちょうどいい時間になったころに、やっと、お目当ての忠烈祠へ。
衝撃の出会いまで、もうちょっとですよ。皆さん、ついてきてます?

忠烈祠にて、やっとここまで連れてきてくれたタクシーの運ちゃん、高さんとお別れ。
しかし!
高さん「わたし、次、予定あるから、ここでお別れ。だけど、他のタクシー紹介するよ」
えっ?!親切心なんだろうけど、なに勝手なことしてくれちゃってんの!
と、一同戸惑っていると…紹介されたタクシーの前に、まさかの人物。
あ、あれ?あなた、どこかで会った事ありますよね?

さて、聡明な読者の皆さんならもうお気づきでしょう。
ここまでで登場した人物はそう多くはありません。

そう!そこにいたのは。朝、洪記豆漿大王まで案内してくれた、
タクシーの運転手さんだったのです!!(えええーーーー!)

こんな、偶然ってある?!
だって、止まってるタクシーじゃなくて、走ってるタクシー止めたよね?
みんな、混乱。疑惑むくむく。でも、すぐ大笑いして、こんな奇跡って、ないよね。って、
結局その運転手さんにお世話になったのでした!
そして、よくよく聞くと、その人は、高さんの従兄弟だそう!
(2度目のえええーーーー!)

あまりに出来過ぎているので、高さん、ずっと私たちのこと狙ってたんじゃないの!
だとか実は今まで会った人たち、全員繋がっていて…とか(←すごく失礼ですが)
その日の晩にそのまま夜を明かす勢いで、携帯で「阿里山茶」「価格」、
「高さん」「台湾タクシー」などなど検索しまくり、嘘か真か判らない情報までも仕入れてしまい。
これ以外にもいろいろ疑い過ぎて後にN嶺さんより「疑いのH高」の二つ名を頂くほど、
一時は疑心暗鬼になりましたが…

振り返ってみると、どの日も楽しくて、何食べても美味しくて、人の優しさにもふれて…
涙が出るほど笑った、最高の旅となったのでした!!

書きたい事が多すぎて、殆ど文字だけになってしまいましたが、一枚だけ写真を。
これは、3日目に行った、台湾班1班N友さんお勧めのICE MONSTERの入り口。
どなたが書いたかわからない「ありがとう」の文字に、胸と目頭が熱くなりました。
本当に、本当にありがとう、台湾のみなさん。



そして最後に、この素晴らしい機会を与えてくださった五十嵐社長、寛子さん。
温かく見送ってくださったマコセの皆さま。私がいない分、頑張ってくださった方々…。
そして、家族に、改めてありがとうございました!!
(あ、ここまで飽きずに読んで下さった方も!)

2013年9月16日月曜日

☆台湾旅行 2日目 ☆

   ☆台湾旅行2日目☆

   9/14水(水)午前8時 ホテルを出発し、朝食を食べに行きました。
   タクシーのおじさんから、おいしい店だと降ろされ、とある場所へ。
            ↑この肉巻クレープ!かなりおいしかったです!

             
      こちらのお店の小籠包もタレもすごくおいしくて
      餃子もパリッとしていて大満足でした。その後 タクシーにて衛兵交代式
           にて台湾的イケメン男子をチェック↓
             

このタクシーのおじさん二人覚えてて下さいね! 
       後日、日髙さんが面白おかしくブログにアップしてくれますので
            お・た・の・し・み・に! 
         

             お昼は、小籠包を食べに行き、



   
       本命のかき氷は、明日のおたのしみにまわし、思慕昔へ。
    ふわっつ!ふあっつ!の かき氷に大感激でした!超〜おいしい〜おいしい〜
      




町をブラブラとしていると、発見!↑五十嵐社長の名前?
            美味しい物を食べて、仕事のことをすっかり忘れて、
              楽しくて仕方ない私たちは 
              思わず!頭を下げてました! 

              夜は、欣葉というお店へ。
         高級なお店だっただけに、びくびくしながら一品頼んで帰ろう!なん       て話していましたが、値段を見ながら、注文!
       なかでも、からすみチャーハン!超美味しかった〜
           二度目の小籠包食べ比べもして。
          ほんとにほんとに食べる物すべて美味しくて。しあわせ120%

        食事の後には、ロクシタンへエステにも行かせてもらいました。

                        
     パートでありながら、毎年 社員旅行に参加させて頂く機会を与えて下さり、
       社長、寛子さん 本当に有難うございました!そして、家族に感謝です!
       これからもがんばりますので、よろしくお願いします。

           最後に綺麗なモデルさんで目を潤して下さいませ!




台湾最高!有難うございました! 
サポート長嶺でした。