2013年7月29日月曜日

大人の社会科見学 〜自衛隊編〜

筋金入りのカメラ小僧である父と一緒に行動すると、父の一眼レフを手渡された後、写真を撮りまくる羽目になります…。
シャッターチャンスを逃すなということですね、分かります。 気合を入れて撮りますとも。
でも、正直重いし(望遠レンズをつけたら、重さが更に倍)
周りの人には見せられません…orz

今回 ちびっこ達を連れて出かけた先は、鹿児島港。
「自衛隊みなと祭」で行われる護衛艦「さわぎり(DD-157)」の一般公開が狙いです。
なんと!実際に船に乗って、艦内見学ができるのです。
こんな機会でもなければ 一般人は乗船することができませんから、非常にレアですね。
(※護衛艦「しまかぜ(DDG-172)」の体験試乗に申し込めなかったのが残念だと、父が申しておりました)


タグボートに先導され、桜島を背に入港する「しまかぜ」。
写真で見ると小さく感じられますが、実際には全長150m、全幅16.4mあります。


「さわぎり」後方の甲板では、哨戒用ヘリコプターの操縦席に座らせてくれました。
他にも色々な催しが企画されており、まさに至れり尽くせり。
随所に立っている自衛官の方々が親切で、急な階段の前では手を貸して下さいます。
設備の前では、分かりやすく説明して下さいます。
そして「写真をお撮りしましょうかー?」と、とっても気さく。
子供達に喜んでもらおうと、こんなのも…。
まぁ、なんて可愛らしい。他にも、子どもサイズの制服が数種あり、記念撮影をすることができました。

え、なんで こういうところへ行ってテンションが上がるのかって??

正直なところ、どうしてなのか自分でも分かりません。
その昔『沈黙の艦隊』や『ジパング』を読んだからでしょうか。←どちらも父の愛読書
それとも、機械類が好きだからでしょうか…。←父親は技術職で職人気質


閑話休題。
この催しは、自衛隊について知ってもらおうという試みの一環で、毎年全国各地で行われているそうです。
現在、国内だけでなく海外でも平和維持活動に従事している自衛隊。
先の東日本大震災でも、行方不明者の捜索や被災者の生活支援などで活躍し、多くの人々を助け、物心両面から支えてきました。心から尊敬しています。
(※2艦とも、海外での活動経験あり)
今回色々調べたことが、いつか仕事に役立てばいいなぁ…。

                文責:気になったことを調べずにはいられない、オペ江口

2013年7月26日金曜日

食事当番 人吉にて鰻を食す


鹿児島の夏は暑い!!
ということで、先日はA川課長が髪をばっさり。
新婚K山さんやクリエイティブのF永さん、経理のN村さんもばっさり。
どうやらマコセでは髪を切るのが流行っているらしく、
夏の扉を開けたい!(by聖子ちゃん)と、皆さんと同じくばっさりいっちゃったOP瀬戸山がお届けします。


さて、昨日は社長が「暑い鹿児島の夏を元気に乗り切れ!」と企画して下さった
~人吉へウナギを食べに行こう!ツアー~決行の日。
業務終了後、料理当番のメンバーで人吉へ行ってまいりました。

道中、盛り上がる事と言えば仕事の話…
なわけなく、互いの近状(私生活)をわいわい語り合っているうちにあっという間に人吉へ!

注文し、出てきたものはこちら!!


鰻重です!
タレをつけなくても味が付いていて美味しい!
タレをつけても美味しい!!
鰻のタレって「粘度が高い液体」というイメージがありましたが、こちらのお店はさらさら。
けど、鰻自体に脂がのっていて、このさらさらなタレがばっちりでした!


皆さん よっぽどお腹がすいていたのですね。
ひたすら食べて…


部屋中に箸とお重のぶつかる音が響くほど、黙々と食べて食べて…


食べ終わったらこの笑顔☆




鰻の「う」ポーズです。
逆になっている子もおりますが、それもご愛嬌!











帰りの車内も、再びきゃいきゃい言いながらあっという間に鹿児島に到着!

「あ〜今日も楽しかった!(私は前日も会社の飲み会で、涙が出るほど笑い倒しました…)」
「皆さんまた明日〜!」と挨拶をして解散。

私は今年食事当番になったばかりですが、このような素晴らしい体験をさせて頂き、感謝・感謝です。

この味を再現すべく!
マコセキッチンで腕を振るう日がくる…かな
どうかな…
料理の勉強もしなきゃな…

M尾さん、お仕事終わって疲れていたでしょうに運転 本当にお疲れさまでした。
また行きたいな〜♪

2013年7月25日木曜日

まだまだ私たちのそばに…


おばあちゃんが入院してから、なぜかよく今は亡きおじいちゃん(タダシ)の
ことを思い出す取●です。


私のおじいちゃんは、家にいる時は夏でも冬でも和服。
洋服姿やパジャマを着ているのは見たことがありません。
入院中も肌襦袢を中に着て浴衣^^;;。


お父さんが小さい頃は、しょっちゅう ちゃぶ台ひっくり返す怖い大黒柱
だったそうですが私と弟(ジュン)には、そんな一面は夢話のようです。


おじいちゃんと弟の関係は、男同士ですが、完璧な「とも蔵」と「まるこ」。
「鳥を捕まえよう」と言って、朝早くからおじいちゃんが竹で
作った鳥かごを持って茶畑に出かけたり
(茶葉の上に餌を仕掛けたかごを置いといて、
食べに来たらかごの入り口をしめるらしい)





2人でキウイを育てると言いだし、苗木を買ってきて植えたり…


鳥は捕まえられたけど、飼って幾日… 柱をのぼってきた
蛇が ゴックン頂いてしまいましたT_T。

キウイは、花は咲いたが、実はならず。






私はというと、病院に行く時だけ、ジャケットにおしゃれ帽子で
洋装をするおじいちゃんが好きで「一緒にいく」と、やたら付いて
行っていた記憶があります。


おじいちゃんとおばあちゃんの関係は…
なんだかんだ言っていつも一緒にいるが、仲良しではない。
顔も見ずに親の勧めで結婚したとおばあちゃんが何度も愚痴っていました。


きっとおじいちゃんは入院中のおばあちゃんに、
「まだ、よかど。ずんなかで来んな(まだいいよ。うるさいから来るな)」
と言っているでしょう。
なのでおばあちゃんには、まだまだ私たちのそばにいて欲しいと思います。





2013年7月23日火曜日

なんちゃって東京班☆最終日☆


東京班最終日は、いろいろとお騒がせな中尾が担当させていただきます!

前日の夜に素敵なご馳走をお腹いっぱい食した女子(?)4人。
心ゆくまで眠りたいところですが、旅は今日でおしまい!
というわけでこの日も早めに起きてホテルの朝食をいただきました。

今まではバイキングでしたが、こちらのホテルは洋食と和食からチョイスするタイプ。
中尾は胃腸の疲労を考えて和食チョイスでしたが、鹿児島の味に慣れている私に
関東の醤油はからかった…。洋食、とても美味しそうでした。笑

そしてやはり写真を撮るのを忘れて食べてしまった食いしん坊・なかお。
そういえば、鎌倉は至る所で「しらす」の看板を目にしました。
でもやっぱり鹿児島の刺身醤油でいただきたいなーっと思ってしまう
かごしまんちゅ・なかおです。


部屋に戻ってゆっくりしたい気持ちを抑えつつ

こっそりタクシーを呼んでもらい(笑)本日の目的地である長谷寺へ!
当初は駅に荷物を置く予定だったのですが、ちょっぴり強面だけれど
ハートフルな運転手さんのアドバイスにより、重い荷物を持ったまま
お寺へ直行!


「あじさい寺」とも呼ばれる長谷寺ですが、当然ながらもう紫陽花を
目にすることはできませんでした… 残念。

しかし!しょんぼりしている暇はありません!
“新しいことへの挑戦”というそもそもの旅の目的を果たすべく
4人で写経に挑戦しました!


残念ながら撮影厳禁だったために証拠はないのですが…
静かで有意義な時間を過ごすことができました。
ひそかに書道が趣味である中尾は、家でもチャレンジしたいと思っております。

洞窟の中でろうそくを捧げてお参りした後、重い荷物を持って石段を登ることを
諦めた私たちは、門の横にキャリーケースを4つ放置。
「お寺の中で悪いことをする人なんていないですよ!」と言いながら…
ちょびっとだけドキドキしました。




登りきった先にいらっしゃったのは、大きな大きな観音様!
(ごめんなさい、写真はNGでした…)


余談ですが… 
以前勤めていた職場の専務に「あんたは菩薩顔やらいね!」と
言われた中尾は、畏れ多くも一方的にシンパシーを覚えていました。

神社のお守りは複数持つと良くないといわれますが、お寺ってどうなんでしょう??
仏様はあたたかなお心で包んで下さるよ!理論で、
ここでも皆 思い思いにお守りを購入し、お参りをし…。

さてさて、予定通りにホテルを出たはずが、やっぱり時間がおしてしまい
次の目的地を泣く泣くひとつ削って江ノ電に乗り、鶴岡八幡宮へと向かいました。


途中、タクシーの運転手さんにお勧めされた鎌倉カスターをぱくり。
両側にお土産屋さんがずらり並んだ情緒あふれる道を黙々と歩き、


歩き…


歩き…。

参道を抜け、またも石段を登ってたどり着いた先には立派な本宮が!




(後から知ったのですが、三代八幡宮のひとつなのですね。てへっ)
エサを売っていたからか、鳩もいっぱいいて、群がられている観光客の方もいらっしゃいました。


もっともっと鎌倉を堪能したかったのですが、空港で買い物をするために

古都に別れを告げ、いざ、羽田へ…。

よく歩き、よく食べ、よく陽射しを浴びた(笑)旅でした!

出発前から最後までお騒がせ続きだった中尾が
旅行に参加できたのは、支えて下さった皆様のおかげです。

社長、寛子さんはもちろん、
白川さん、師匠、たまちゃん、K上さん。
そして私の両親にも、この場を借りてお礼を伝えさせて下さい。


本当に本当に、ありがとうございました。

これからも私、顔晴ります!

2013年7月22日月曜日

☆東京はーん☆旅の思い出☆第3弾☆

4日目は、いぢりがナビゲーションさせていただきます。

では、いざ!!

と、言ってはみたものの、この日まで本気で遊んできた女4人組は
気付かないふりをしてきた身体の“ガタピシ”に
そっと耳を傾けることにしたのであります。

なになに、少し眠ろう…とな。
しょうがないなぁ…もう。
ということで、少し遅めの出発。
ただし、この日は慣れぬ東京砂漠を
電車移動せねばならぬ試練の日なのであります。

文明の利器、スマホ〜(ドラえもん風で読んでみて下さい)
乗り換えアプリ〜(あ、ここもドラえ…、あ、もういいですか?)

お台場の駅から『ゆりかもめ』!!!


無事にサラリーマンの聖地(?笑)新橋に到着。


JR横須賀線に乗り換えて…


突然ではございますが、ここでクエスチョン!
780円の切符でどこまで行けるでしょう♡


1時間ほど、ガタンゴトン〜
いえいえ、東京の電車は、スーッとすましておりました。
こんなに静かで涼しい天国じゃ寝ちゃいますよね。
前田さんが大事そうに抱えているのは
ディズニーシーで手に入れた
ポップコーン入りのダッフィーなのであります♡ 


さて、アンサーですが…
写真を拡大してみましょう。
お!
『江ノ電』ではないですか!!!
そうなんです、気付けばグッバイ東京☆
来ちゃった、鎌倉♡

間違っちゃった、てへ。
という方は、残念ながらボッシュート。
ティリィッティリィッティリィ〜ィ〜ィ←例のアレです。
(ところでボッシュートってなんなんでしょうね)
(って、あれ、“ボッシュート”であってますか?)
放っておきましょう…


江ノ電に乗ってやって来ました、極楽寺駅。
ドラマ『最後から二番目の恋』で
キョンキョンが
貴一さんが
定期のどうのこうののくだりをしたのは
この駅です♪(な、はずです。)

駅員さんに本日のホテルまでの道のりをお聞きしたはずですが
ゆけど、くらせど…
つかない。
うーん、つかない。
坂ばっかり。
「海沿いに出るからね〜」
って言ってたのに、坂ばっかり。

迷子!?

「どこにいらっしゃるの?」と
大きなガラガラをひっぱりながら歩く私達に
声を掛けて下さったのは素敵な鎌倉婦人でした☆
(その節は、ありがとうございました。)

案内された道をゆくと…


海だー!!!
由比ヶ浜です。きっと。

ここから実はまだまだ歩きましたが(笑)
無事に宿に着きました☆

荷物をおくと、また出発!
目的地はというと…


鎌倉文学館。

ホテルに着くまでに疲れ果てて
タクシーに乗ってしまったことは
秘密です。


実は鎌倉ゆかりの文学者って、沢山いるんです。
ヤホーで「鎌倉 文学者」検索してみて下さい。
偉大な先輩方にはかなわないけれど
私達も文章を書く者。
興味津々で資料に見入りました。


余談ですが、これは、
さきほどこっそり乗ったタクシーの運転手さんが教えてくれた
夏目雅子さんが旦那さんと出会ったお寿司屋さん♪
なのだそうです。


元気を取り戻した私達は
歩いて歩いて…(←本当ですよ☆)
江ノ電の長谷駅に到着。

今度は夜のご馳走に向けて移動開始なのです☆


一度鎌倉に戻って、本覚寺へ。
白川さんがいち押しの『にぎり福』という
お守りを授かってまいりました。
見てみたい!という方は、東京班のメンバーに声を掛けて下さい。
みーんな持っています☆


そして、鎌倉といえばカフェ!
渋いですか?『イワタ珈琲店』
昭和23年創業の老舗喫茶店。


メニューも手書き!!


窓からは緑!!
きっとあの文豪も、ここで…
と思い思いに妄想をふくらませ
お茶を楽しみました。

いけないっ!
今日は大事な約束が!!!

待ち合わせは横浜なのです。
ばびゅーんと移動。
ドラマでよく見る景色ですね。
『山下公園』です。



なんと、社長もお仕事で横浜にいらっしゃる!
ということで…
連れていってもらっちゃいました、中華街♪



社長と寛子さんと再び合流した営業マン川上さんと
笑いに笑った楽しい夜になりました。
お腹はぱんぱんぱん。←これくらい食べました。
本物のご馳走を、ご馳走になりました。
きっと自分のお財布では
食べられない…ヤツだ…と、思うんです…
恐くて真相は確かめられません。

大きな声で
「ご馳走さまでした!!!」

笑顔で「おやすみなさい」をして
女4人で戻ってきた鎌倉のホテル。
ずうっと4人部屋に泊まってきたのですが、
このホテルだけが和室。
修学旅行スタイルのこの敷き方で
仲良く眠った夜でありました。ぐー。




どうしよう、振り返っているだけで楽しくなっちゃって
長くなってしまいました。
この旅、いぢりは本気で遊びました。

見てきたもの、感じたこと、
全部全部また仕事にいかしていきたいと思います。

帰ってきてからも「楽しかった?」と話を聞いてくれる
大好きなマコセの仲間
「楽しかったですか?(にこにこ)」とやっぱり聞いて下さった
大好きな社長と寛子さん

いぢりは幸せです。
ありがとうございました!!!


2013年7月21日日曜日

東京班旅の思い出第二弾☆


社員旅行東京班三日目の報告は、四月に入社いたしました
新人の前田がお届けします!


遊び倒した前日の疲れを残しつつ、この日も朝はホテルオークラの
美味しい食事で腹ごしらえ。
(食べるのに夢中で写真は一枚も撮っておりません)

フレンチトーストとティラミスがとっても美味しかったです♪


二日間お世話になったホテルを後にして、ディズニーシーへ!

ランドに続き、こちらも三十周年記念のミッキーさんたちがお出迎え。
(ちょっと小さいですが…)一気にテンションが上がってまいります!







前の日に四人で購入したディズニーのTシャツを身にまとい、人混みの中いざ出発☆




シーで人気のアトラクション「トイストーリーマニア」にも九十分待ちで乗り…







出発前に色んな人からオススメされた「タワーオブテラー」にも挑戦して

(部屋ごとものすごいスピードで上から落下するものです。
頭がぐらぐらしましたが、とっても楽しかったです!)




園内を走る電車に乗って移動もしました♪






シーはランドに比べて海やら建物やら景観にお金をかけている感じで、

眺めているだけでなんだか幸せな気分になりました(*^_^*)
以下、シーで撮った写真です↓












私はランドも含め、ディズニーリゾートに行くのは今回が初めて。
旅の前は少しばかり不安だった絶叫系アトラクションも思いの外楽しむことができ、
パレードやショーでは可愛いキャラクターたちに癒やされ、
本っっ当に充実しておりました。

動くミッキーさんたちがあんなに愛らしいとは思いもしませんでした…
きっと近いうちにまた訪れると思います!
たくさんの夢がつまった魔法の国で、子供のようにはしゃぎ、
普段からは考えられないほどにお買い物もして、
すっかりリフレッシュすることができました。


名残惜しくもありましたが、夕方ごろにリゾートを後にしてお台場のホテルへ。

レインボーブリッジがすぐ近くに見える、夜景の綺麗なところでした!
(写真の腕が悪くていまいち伝え切れていませんが、本当に綺麗でしたよ)







夜は以前マコセに勤めていらっしゃった先輩おふたりと
ホテル近くのレストランでお食事。

お酒も交えつつ、仕事の話からGで始まる黒い虫の話まで話題は尽きず、
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
こちらも美味しいご飯に夢中で写真を一枚も撮っておりません。すみません…
初めてお会いする方々でしたが、おふたりとも気さくで優しくて、
「こんな人になりたいなぁ…」としみじみ思いました。


そんな感じで、前日に引き続き遅くまで遊びまくった
三日目の夜もふけていきました。


始まる前は「ちょっと長いかな…」と思っていた四泊五日の旅行も、
終わってみれば本当にあっという間でした。
何を決めるにもまず最初に私の意見を聞いてくれて、
旅の間ずっとお世話をして下さった
白川さん、井尻さん、中尾さんには本当に感謝しています。
おかげさまで素敵な思い出がたくさんできました!


そして、快く旅へと送り出してくれたオペの皆さん、
何よりこのような機会を与えて下さった社長と寛子さん、
本当にありがとうございました。

まだまだ至らぬところばかりですが、
この旅行で充電したパワーを仕事に注ぎ込み、
もっともっと会社の力になれるように日々頑張っていきますので、
よろしくお願いします!


ここまで駄文を読んで下さってありがとうございました。

東京班の報告はあともうちょっと続きますのでお楽しみに☆


最後はシーの水上ショーで撮影したミッキー(小さくてすみません)でしめます♪

また会いたいなぁ…