2012年4月30日月曜日

☆韓国3日目☆

津田さんにバトンタッチされたOP久保です。


3日目は終日自由行動ということで、思い思いの旅を満喫しました。
アウトレットモールにてお買い物を楽しむぞ!!と意気込む方々や、
三角地や南大門市場あたりを散策するというお二人、
そして、津田さんと私はお土産を買ってから明洞へ繰り出すことにしました。

まずは、朝ご飯。




ホテル近くのカフェでコーヒーとワッフルを頂きました。
店内にはJ-POPが流れ、まるで中央駅界隈に居るかのよう…。

まったりした後は、いざお土産を!!!と初日にも訪れた『東和免税店』へ。
BBクリームにフェイスマスク、あら、美容液がこのお値段!!!と金銭感覚も
狂ってしまったかのようにバタバタと買い物を満喫。

そして、大失態。
お友達に配ろうと買ったフェイスマスク70枚を家に帰ってよく見たら
『ナムジャ』の記載が…。


ナムジャって…?


ナムジャって…!?


男性用じゃないですかっっ!!!
私は全く気にせず使いますけれども、お友達には「足にでも使って~」と言って
ネタにしようと思います。


一旦ホテルに荷物を置き、明洞までは徒歩10分。
途中「今度来たときは登るぞ」と南山タワーを右手に見ながら、目的地へ。 





明洞はものすごい活気ですね。そして、ものすごい呼び込みですね。
圧倒されながらも、ひとまず買い物をして『明洞餃子』にて昼食。

「お隣のマンドゥが美味しそうだ」とチラ見しつつ食べた白い方のコングッス。
豆乳のようなまったり濃厚なスープは…美味しかったけど半分の量が
適量かと思いました。けど、とても美味しかったです。







お腹もいっぱいになったところで、再度お買い物。
で、少ししか歩いてないのにカフェでお茶しちゃいました(笑)。
ヨーグルトアイスは甘~い甘~いベリー系のトッピングで、疲れも吹き飛びました!!
美味しかった〜!!!





そして、念願のチマチョゴリ体験へ~。
以前、友人は何千円も払ったとブロマイドのような仕上がりの物を私に見せてくれましたが、
私達は観光案内所で無料体験してまいりました。
津田さんは宮廷に上がった方のお衣装、私は妓生のお衣装。





帽子をかぶせて貰いながら「韓国人の顔に似てる」と係の方に言われた私。
そういえば、CAさんにも二度ほど「韓国人ですか?」と聞かれましたが、
どの辺りが似ているのでしょう…ナゾは未だに解明されません。。。

着替えから写真撮影まで、20分ほどで終了~。
ここで気合いを入れてピアスを外して撮影にのぞんだ私。
母に買ってもらった思い出のピアスを忘れてくるという、またも大失態…。
きっと写真を見るたびに、笑いやら溜息やら出るんでしょう。



その後、この無料のチマチョゴリ体験を教えてくれたお姉さんのお店でマッサージをしてもらい、
疲れた身体を癒してからみんなとの待ち合わせ場所へ向かいました。

この旅最後の夕食は、ピビンパ。
お店の名前に親近感すら覚えるこちらにて頂きました♪







お腹があまり空いていなかった女子チームは4人で2つしか頼まず、あからさまに
イヤな顔をされましたが、ここのビピンパ本当に美味しかったです!!!

このあと、初日から楽しみにしていたアカスリへ…が、ここでまた一波乱。
長くなりましたので、続きはまた次回ご報告します!


2012年4月29日日曜日

☆韓国2日目☆

引きつづき2日目の報告もさせていただきます
津田です。

朝食は〝朝がゆ〟
それぞれカニやアワビなどが入ったものを食べました(^▽^)

そして、これまでに韓国へ来たことがあるメンバーもソウルの外へ
出たことがないということで1時間ほど電車に揺られ
『水原(スウォン)』へ向かいました!

 

水原駅に到着後、目的地を目指し歩くこと数十分…
道に迷ってしまった私たち。

久保さんが韓国のおばちゃん2人に道をたずねて下さり
「近くの不動産屋さんに行けば分かるかも」
ということで、そこまでおばちゃんが案内してくれました。

何とか道が分かり、坂をのぼること数十分…

 

道沿いの桜の花がひらひら舞ってとってもきれいでした。
私は一番後ろからみんなについて行き、
無事に城壁へ到着いたしました〜!
本当に疲れたぁ…(>_<)

それなのに、ここからまた歩くこと1時間あまり…

 














本当にみんなよく頑張りました!!!

ごほうびに社長から教えていただいた
有名な〝水原カルビ〟のお店へ行きました♪














味付けも良く、部屋も個室で、
とってもいいお店で、ゆったり美味しく食べました☆

みんなお疲れでしたが、まだまだ終わりません。

行ってみたかったカロスキルへ出かけました。
おしゃれなお店を見てまわり、結局何も買わず
行った先は…足のマッサージ!

リクライニングソファのようなものが
気持ち良すぎて、眠ってしまいました…

それから明洞へ戻り、こちらも社長におすすめして
いただいた〝サムゲタン〟を食べに行きました☆

常にお客さん多いけれど、タイミングよく
入ることができ、初めていただきました。
風邪が治りきっていない私には優しい味で
すごく温まりました(^▽^)












そして、まだまだ終わりません!!笑

朝からたくさん歩いて疲れているのに
再び、東大門へ向かいました☆

また道に迷ってしまい…
逆方向へ歩いていた韓国のおじちゃんが
「あ〜 もう〜」と言いながら
行きたかった方面へ案内し、缶コーヒーまでくれました。
本当に親切☆★
おじちゃんに感謝しつつ、歩きまわりました。

みなさん、〝龍のひげ(クルタレ)をご存じですか?
私は今回初めて知ったのですが、
その実演販売を午前0時に見学しました。
お店のお兄さんはつい最近、鹿児島アミュ広場の
韓国物産展のようなものに来ていたそうです。

日本語お上手で、「へ〜、そうなんや〜」が口癖。

私が咳き込んでいると100%りんごジュースを
くれました。

今日は親切な韓国人ばかりに出逢い
とても温かな気分になりました。

簡単ではありますが、2日目の報告、これにて終了です。

一緒に旅行を楽しんで下さった班のみなさん、
どうもありがとうございました!
とっても満喫できました☆

それでは後編担当の久保さんにバトンタッチ!

2012年4月28日土曜日

社員旅行 in Korea

シンガポール班につづき、第2グループの私たちは
韓国へ行かせていただきました!!

旅の準備を始めて1ヶ月あまり。
やっとこの日がやってきて、ドキドキわくわくでした☆

初日は鹿児島空港を夕方に出発。
大韓航空の客室乗務員のヘアアクセが気になりつつ(←ぜひ御覧あれ)
無事、仁川空港へ到着。

キムさんという可愛らしいお肌つるつるのおばあちゃん?(70代)が
待っておりました。

外へ出ると吐く息が白い!!この日は9℃とのこと。


移動中、車内ではキムさんがペラッペラの日本語で色んなことを
話して下さり、東和免税店でショッピングを楽しみ、
プルコギやタコ、カニなどいただきました。
 












←ドラマに夢中になっている
 店員さんとキムさん


 食後は東大門へ出かけました(^0^)♪














ひとまず初日の報告とさせていただきます。

今回このような素敵な時間をプレゼントして下さった
社長、寛子さん、どうもありがとうございました。

そして忙しい中、笑顔で送り出して下さったスタッフの皆さん
ありがとうございました。

まだまだ旅行日記つづきます。
お付き合いよろしくお願い致します。

OP 津田

2012年4月25日水曜日

通勤の友


川内から通う私のお供を紹介したいと思います。
This is the KYUSHU-SHINKANSEN SAKURA superexpress.
その名も『新幹線さくら』でございます。
かれこれお世話になって9年目に突入しました。
いつもありがとう!
お蔭で毎日快適だよ!ってな感じです。
ただ、雨風に弱くて天候に左右されやすいのがちょっと…。
ちなみに利用期間=開業年数なので、今なら「九州新幹線って開業して何年?」に
もれなくお答えできる江神です(今頃名乗ってみました 笑)

前は自由席と指定席に差がなかったのに、全線開通した途端格差が生じたのは
まるで「現代社会のよう!」とまでは言いませんが、
ちょっぴり不満にも思っていたり…

過去には酔っ払って気が付いたら新水俣で家に帰れなかったことも…

などなど長く使ってると笑えるエピソードもあったりするわけですが、
お世話になってることにかわりはないので、
これからもフル活用させていただく所存です!!

これから初夏を迎え梅雨へと向かうわけですが、
どうか豪雨が九州を襲わないよう願うのみです。
本気でてるてる坊主を作ってみようかリアルに悩む新人・江神でしたm(__)m

最後に(せっかく観光客みたいなテンションで撮ったので)おまけショットを… 
出発したところを撮ろうとしたら思いの外スピードが出てて間に合わなかった例です。

2012年4月23日月曜日

老春の汗

年末年始の暴飲暴食以来、
胃袋の成長が止まらず、
今年に入って5㌔増の鮎川です。

先日、公私共に親しくして頂いている
オペレーター Kさん(以降 北山と表記 ) と休みが
一緒だったため、ダイエットを兼ねて体を動かしてきました。
向かった先は『かごしま健康の森公園』

卓球1時間100円、バドミントン1時間150円
(道具のレンタル付き)という公共の施設ならではの
格安価格で楽しめるため、調子に乗って2競技をハシゴしてみました。

「高校時代クラスマッチで卓球部を破って、1位になったことがあるんですよ〜」「バドミントンはスポーツ少年団に入っていました〜」
と、開始早々 負けず嫌いの私の心に火を点けまくる北山。

中高6年ソフトボールに熱中した 自称『動けるデブ』の私としても
黙ってはいられません。

まずは卓球で勝負だ!!














変な回転がかかった球ばかりを返してくる 北山
ゆるい球には100%スマッシュで返す 鮎川
互いに性格のよく現れた闘いで、勝負は互角といったところでした。

勝敗を決めたのは、バドミントン!!















ここでは力量の差が出て、優勢な鮎川が熱血松岡修三と化す事件が
おきました。シャトルは、右へ左へ前へ後ろへ…
すぐに北山は足が動かなくなり「15分から休憩にしましょう」
「25分から休憩にしましょう」「40分から…」と休んでも休んでも
休憩の催促ばかり。
「鮎川さ〜ん!!協調性!!」と、協調性のない北山に何度言われたことか…
「YES協調性!!」そう返しながら、前へ後ろへシャトルを打ち込み
「とれる!!走れ!!最高!!うまいぞ!!」を続ける私は修三氏の
生き写しのようでした。

翌日「足が痛い」「腕が痛い」と嘆く北山を尻目に
「私は大丈夫。筋肉痛くるのは翌々日だから」と自慢にならない
返事をすると、宣言通り2日後に体がバキバキ。
最後に負けた気分でした。
北山30歳、鮎川32歳… 青い春を少し過ぎた2人の楽しい1日でした。

2012年4月22日日曜日

 更新遅くなりゴメンナサイ。


マコセ社員旅行シンガポール班よりの報告  4弾 内村です。

といっても、これまで旅の概要は皆さんが書いて下さっているので、
私は できるだけアジアンな部分のシンガポールの風景を貼っていきたいと
思います。

泊まったホテルはあのマリーナ・ベイ・サンズで








人力車、ナイトサファリ、クルージングとツアー三昧だったこの旅行…





















1日フリーだった日 ガイドブックの後ろの方に載っていた
カトンという街に行きました。

高層ビルが立ち並ぶ景色も もちろんシンガポールの醍醐味でしたが、






















カトンの街並みは、なんだかとっても心が落ち着きました。
私が田舎者だからでしょうか…





















実は西田さんに負けず劣らずの建物フェチである わたくし。
カラフルな家々の あまりの可愛らしさに よだれが出そうでした…

自由時間には住宅街も歩いてみました。
写真を保存するのを忘れてしまいましたが、長屋のようにひとつなぎになっていて
洋風なものもあり、日本風の瓦を使ったものもあり
一軒一軒個性があって、見ているだけで面白い!

印象的だったのは、この洗濯物の干し方!
きっと何枚か風に飛ばされているはず。


他にも、オカマ街や泥棒市、ちょっとした裏道や人でごった返す商店街など
小汚い?というか、人間くさい場所が
すごく印象に残りました。


私今回が初海外だったため 
目に映るものすべてが新鮮でした。

英語もほとんど話せないのですが、
日本人だとわかるとコンニチハーと
にこにこ挨拶してくれて、ゆっくり英語を喋ってくれて、人のあたたかみを実感。

体調悪いなか、抜群のリーダーシップで引っ張って下さった平山さん
ぺらぺらの英語で助けてくれた松山さん
実はお化粧に結構時間をかけることが判明した波多野さん
一緒にカメラの前でふざけてくれた西田さん、一緒に旅行出来て本当に楽しかったです!
ありがとうございました★

そして何よりこのような貴重な機会を与えてくださった社長、寛子さん
本当にありがとうございました。貴重な経験をさせて頂きました。
そして、私達が抜けている間も業務を頑張ってくださったスタッフの皆様、
ありがとうございました。全力で楽しんでまいりました。

最後に一枚。














帰国の飛行機の窓からこの景色をとり、計ったようにデジカメの電池が切れました。
夜明けの空の美しさは万国共通ですね〜★





シンガポール旅行記 最終日



シンガポール旅行 最終日報告担当 松山です。


最終日も美しく晴れて、空が眩しい!
昨晩もナイトサファリから帰って来てから、屋上のプールへ入りたかったのですが、
残念なことに夜は11時頃までしか泳げないらしく、、、
ホテルにて朝食後、見納めと、チェックアウト前に屋上57階へ向かったのでありました
→57階エレベーターです さぁ、どんな景色が迎えてくれるのか....
(もう、いいよ。と言わず、おつきあい下さいませ)


どうですか〜!!絶景です!綺麗なブルーの空!そびえ立つ高層ビル!
そして、異国だな〜と感じさせる、右下のビキニ女性!ああっ眩しい!
私も、ビキニは着れないが、プールに浮かびたいッッ
そして反対側の景色はと言うと...

じゃ〜ん!遥かなる海の景色が広がっているのです〜!都会と自然を同時に満喫できる
マリーナベイサンズホテル♪ちなみに、屋上の真ん中は

このように、木がず〜っと立っているんです。この写真の右側が高層ビル
左側が大海原なのです。ここが57階という高さにあることを一瞬忘れそうになる上の風景。
よく作りましたよね〜 人間ってすごい。
さてさて、屋上でもっと過ごしたい気持ち山々ですが、
我々には時間が無いのです。ちょっと離れた「カトン」という町に向かわなければ...
なぜ、そこなのかと言うと、ガイドブックに可愛らしい町並みが載っていて☆
調べると、それはプラナカン建築と呼ぶものだそう。
ちなみに「プラナカン」とはマレー語で「〜の子供」という意味で混血の人々を指すそうです。東南アジアは古くから交易の十字路に位置し、いろんな所から商人がやって来て、
現地の女性と結婚して根を下ろし、その子孫がプラナカンの始まり...らしい。
シンガポールの歴史を知るにも、要チェックのカトン。
後ろ髪引かれる想いで、ホテルを後にし、タクシーで向かった5人娘。




ホテル入り口にてタクシーを待つのですが、なにせ5人なので、普通の車は定員オーバー。しかたなく、大きめのタクシーを待つ事に...やっと現れたタクシーに乗り込み、一路カトンへ。道中、綺麗な家並みやマンション群を見る事ができ、シンガポールの人々の生活を垣間見た様な気がしていたところへ、タクシーのおじさんも、なんと、今向かっているカトンに住んでいるとのこと。「へ〜いいですね〜」なんて話していたら...





着きました。カトンです。40シンガポールドル(2640円)かかりました。高いな〜ぼったくられた?なんて思っていたら、リーダー平山氏が「カジノで勝ったから私が出すわ」なんてかっこいい事を言ってくれ、「はっ、ありがとうございます」と甘え、降り立ちたら、ちょっと暑いです。そして、パステルカラーの建物が並んでおります。でも、ガイドブックに載っていた家並みや雑貨屋などが見当たらない...お店も11時過ぎているのに、閉まっている所がほとんど... あれ??でも、我々には時間が無いのです。カトンは
ラクサというプラナカン料理でも有名。それを食べてから次なる目的地へ行く事に。まだ朝食を食べてから間もなかったので、皆、小さいサイズのラクサを注文。ラクサはココナッツミルクがベースになっているスパイシーなスープ麺。実は私はシンガポールに着いたその日も夕食にラクサを食べており、有名店ラクサとショッピングモール内店のラクサと食べ比ることができたわけです。感想は...やはり、有名店と言わ
れる所以ありき。カトンで食べるラクサが美味しかった。辛いのが苦手な平山さん、西田さんは完食出来ずでしたが...さてさてまた移動です。町中でそうそう5人オッケーのタクシーは捕まらないので、二手に別れ、向かうは、市内のラッフルズホテル。なんと、運賃20ドルぐらいで到着。なんだよ〜。大きいタクシーはそれなりに高いのねぇぇ。と勉強した私。考えてみれば当たり前か、、、



















着いたホテルは、老舗のホテル。チャーリーチャップリンなど著明人も泊まったホテル。そこで、優雅にティータイムと行きたかったのですが、やはり人気店...予約一杯で入れず、うなだれる波多野さん。ホテル入り口横にて、何かの撮影の準備を見ながら,しばし休憩して向かうはプラナカン博物館。カトンではあまりプランさを感じられませんでしたが、着いたら...    
                                             











この写真では、パステル感があまり伝わりませんが、可愛いんですよ☆ 色使いやら、配色やら。この食器の鮮やかさが建物の内装にも使われていて... 日本人観光客も多いのでしょう。ちゃんと日本語パンフレットがありました。さすがどこにでも現れる日本人観光客。また、撮影できない所も一部ありましたが、博物館内は撮影オッケーです。
プラナカンの歴史を堪能した後は、各自自由行動。私は、ホテルの部屋から見えていた、海に浮かぶルイヴィトンの建物の中に行ってみたくて、またマリーナベイサンズホテルへ戻ったのです。


さすがヴィトンです。別格ですな。ここは、ホテルにつながっているモールの外に出てきた所なのですが、どーんと、目の前にヴィトン様が。もちろん、モール内にもヴィトンのお店はあり、写真手前の橋みたいな道の下にも、通路があって、そこはヴィトンの目線で選んだ?美術品の数々が並べてありました。この海に浮かぶ建物の中ももちろんショップで、なんとマーライオンが見えておりました。いかがですが?マーライオン見ながら、ショッピング♪もちろん、私はさーっと見るだけで、写真奥に見えます球形型の建物にて開催中の、アンディー・ウォーホールの展覧会に向かったのであります。アンディーは、マコセの5階に飾ってある絵の作者、バスキアとも共同作品を作った人。結構興味深い展覧会でした。アートに浸った後は、本日最後の大イベント、ナイトクルーズであります!その前に、中国系レストランで腹ごしらえ♪鍋です。普通に美味しかっであります。そして、後に見えますか?カラフルな建物。ガイドさんの説明によると、シドニーの町並みを真似して作られたようなのですが、見れなかったカトンの町並みはきっとこんな感じだったはずっっ。最後に生で見れて良かった?などと思っていたら、クルーズのお時間です。 


綺麗ですよね!左に見えますのが、夜のマーライオンです。本当はもっともっと綺麗☆
写真では伝えられず残念ですが...是非、機会があれば、行って自分の目で見てください!
しばらく旅行熱が冷めていたワタクシですが、これを機会に復活しそうです。
やっぱり旅はいいな〜。この刺激感がたまりません。
こんなに素晴らしい機会を与えてくださった五十嵐社長、寛子さん、
本当にありがとうございました。
また、人手が少ない中、行かせてくださったマコセの皆様にも感謝です。
そして、こんな私と一緒に旅をしてくれた内村さん、西田さん、波多野さん、
そしてそして、何から何までお世話になりっぱなしだった平山さん、
楽しかったのはこのメンバーだったから♪
ありがとうございました。