2011年11月26日土曜日

旅日記

そろそろ今年も終わりですが、今年を振り返ると(ちと早いですが)

文化的活動に力を入れてきたイシドウです。

とは言っても

いつもより少し多めに映画を鑑賞して

いつもより少し多めに本を読み

いつもより少し多めにライブに行き

思い立ったら一人旅に出掛け…という地味なもんですが。


一番最近出掛けた旅といえば、倉敷&尾道!

倉敷へ行く前にシーンズで有名な児島に立ち寄り、

ジーパン工場を見学しました。ジーパンの歴史を学びつつ、

色々なデザインのジーパンを眺めつつ

その魅力に触れて満足♪したまでは良かったのですが

あまりにバスの本数が少なく、タクシーも走っておらず

帰りは駅までかなりの距離を徒歩移動…

やっとのことでタクシーをつかまえ、事情を話したら

運転手のおじちゃんが哀れんでいました(ドンマイ自分)

しかも、駅に到着する直前に「この辺からは瀬戸大橋が見えるんだけど、

見ましたか?」と尋ねられるも時すでに遅し。

海から やや離れた位置にいたため、瀬戸大橋を見ることは叶いませんでした。

そんな重要なことは、早く言っておくれよ おじちゃん…と

心の中でなげきつつも、JRを待っている間にレア感いっぱいの

アンパンマン列車を見られたから良しとしました(単純)
















気を取り直して倉敷へ移動し、情緒あふれる白壁エリアを散策していたら













シュールな店発見。

猫のグッズを売っているのに「倉敷の犬 猫屋敷」とは、

もう意味が分かりません。
















しかし、街の雰囲気は情緒豊かで大変心癒されました。

路地を歩けば、カフェ、雑貨屋、文具屋、アクセサリー屋、古本屋などなど

味のある店がいっぱいで 夕暮れ時の心地よい風を感じながら

楽しくお散歩できましたよ♪

でも、調子にのりすぎて筋肉痛になりましたが(汗)











翌日は尾道へ。

尾道といえば映画の舞台!

俳優さんがインタビューで「ここで映画を撮影したくなる

気持ちは分かる」と話していたりもする街という印象だったのですが

その期待を裏切らない、素敵な場所でした。

ロープウェイで山に登って展望台から街全体を見渡すと

瀬戸内海と その間に浮かぶ島々も見え、

鹿児島とは違う独特な景観に感動しきり。

大雨だったけれど、お寺巡りも楽しんで良き時間でした。













そしてこの日の昼食は中華そば。

尾道といえば、尾道ラーメンということで

前日、倉敷の居酒屋のおじさんが教えてくれた「朱華園」へ。

しっかし、到着したら長蛇の列!!

でも、この機会を逃してはなるまいと、並んできました。
















味は…素朴な醤油ラーメン??

とにかく雨に濡れて寒かったのと、激しい空腹で

ラーメンの温もりに心癒されたことは確かです。


ちなみに普段は、マコセの向かいにある黒かつ亭(鹿児島で人気の

とんかつの店)に並んでいる観光客を見て「何であんなに並ぶんだ」と

疑問を抱いていた私。今回の旅で観光客の人たちが粘ってでも

名産品を食する気持ちが分かりました。たぶん。


そんな私の一泊二日の弾丸旅行。

思い立ったが吉日なので、またふらりとどこかへ

行こうと思います。

来年は紀伊半島を満喫したい石堂でした。


2011年11月24日木曜日

クリスマスが今年もやってくる


マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』を聴くと

俄然テンションがあがる私。

子供の頃は12月も後半に差し掛かると、そわそわしていました。


サンタさんの存在を知ったのは、小学生の頃。

24日の夜 弟の枕もとにプレゼントを置く母親の姿を

目撃してしまいました。

「シルバニアのお人形も」「リカちゃんも…」

みんなみんな… (@_@;)


そんなこんなと ありましたが、今でも街がイルミネーションで

華やかに彩られる この季節が大好きです。


会社にも 皆の心をほっと和ませてくれるツリーやリースが

飾られています。


















お近くをお通りの際はぜひ (^_-)-☆ …  OP 樋原 


2011年11月20日日曜日

ひとの子の成長

最近、友達の子供たちが
どんどん『おしゃべり』上手になっています。

子供の成長は実に早い → 
私も知らない間に年を取ってるんだなぁと怖くなる


感じですが、
微妙な年頃の私のため
友人たちは早くから子供たちに
「なおちゃん」「おねえちゃん」と仕込み、
皆 立派にその通り私を呼びます。

あの子たちは、いつ
「あれ?おばちゃんじゃねぇ?」と気づくのだろうか。


かわいい盛りの彼ら、彼女たちは
毎回、私に小さな感動をくれます。

雨が降ると予想されていた日に
友達に「晴れてよかったね」と言えば
それを聞いてチビちゃんは、
「今日はなおちゃんに会うから、晴れたんだよ」と
そっと言いにくる。

(この前まで「あーあー」と言っていたのに)
「大きくなったねぇ」
そう笑いながら涙ぐむ、馬鹿な私。
「え?泣くとこ?」と驚く友達。


取材で孫のためなら労を惜しまないというおじいちゃん、
おばあちゃんの話をよく聞きますが、


最近、その気持ちが実によく分かります。
疲れても鬼ごっこに付き合い、
大変でもどんぐりを拾い、
毎回何か買ってあげたい…


2011年11月13日日曜日

農家の体力おそるべし

今年の夏、仕事中に腰骨を粉砕骨折をした父(60歳)でしたが…
10月に行われた娘(私ではない)の結婚式で腕をくみ、バージンロードを一緒に歩くまでに回復しました。
まだまだ普段は杖をついての歩行ですが、その時はしっかり歩いてみせた父。
家族からは密かに「ガッツ」とよばれるほどの根性持ちならでは。
その体力を分けて欲しいと、切に願う中山でした。

2011年11月9日水曜日

気がつけば…

今年も残すところ1ヶ月あまり…

街中はイルミネーションが輝き、クリスマスムードが高まりつつあります。


仕事を終えて帰ろうとしたものの

雪のため交通機関は大混乱。

年明けを数時間後に控えた大晦日の夜

タクシーを待つ長蛇の列に並んだ あの日から

もう少しで1年が経つのだと思うと

時の流れのはやさに少し恐怖を覚えます(×_×)


先日 仕事帰りにバスに乗ったところ、

見覚えのある顔がひとつ、ふたつ、みっつ・・・。

ちょっとドキドキしながら声をかけると

思ったとおり学生の頃 教育実習で受け持った生徒たちでした。


私が担当したのは、その子たちが中学3年生の時。

そして今は高校3年生。

それぞれ進路が決まっていることを聞いて

みんなの成長を嬉しく思いながら、

あれからそんなに経ったのかと 少しうろたえてしまったop岩島でした。



去年の大晦日 タクシーを待ったロータリー・・・

そして上の写真は「もう先に行けないよ!」と

タクシーの運転手さんに家のすぐ手前で言われて降りた時に撮ったもの

次の2枚は翌元日に

会社でいただいたおせち。



最後の2枚は教育実習時のものです。

2011年11月8日火曜日

手元にデジカメが2台ある理由

ブログにアップしようと目論んでいたのに、先月 家族で旅行に行った後デジカメが見つかりませんでした。

カバンの中も、机の中も、探したけれど見つからないのは何故ー!!

(写真のデータがパァになったのは痛かったのですが、同行した家族のデータをもらうことで解決)

あと、悔しいので新しいコを購入しました。パッと見シルバーと思いきや、実はうっすらグリーン。

ここまでは良かった。





まさか、デジカメを買った3日後(つまり、今日)に見つかるなんて・・・!!

そそっかしくて うっかりな自分が、益々嫌いになりました 。・゚・(ノД`)・゚・。




美ら海水族館で見た、気持ち良さそうに泳ぐジンベイザメとマンタの写真でご容赦下さい・・・。

江口@オペレーター